建築物環境衛生管理技術者は就職や転職に有利?資格取得の方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建築物環境衛生管理技術者は、建築物の環境衛生に関する維持管理を行うことのできる資格です。ビル管理士・ビル管理技術者という通称の方が広く知られており、通称で有資格者を募集している企業もあります。大規模な商業ビルやオフィスビルなど一定の広さを持つ建物には選任が義務付けられており、就職や転職に有利な資格の一つです。

そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者の就職や転職状況についてご紹介しましょう。

  1. 建築物環境衛生管理技術者の基礎知識
  2. 建築物環境衛生管理技術者の就職や転職について
  3. 建築物環境衛生管理技術者のキャリアアップについて
  4. 建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するための勉強方法
  5. 建築物環境衛生管理技術者についてよくある質問

転職や就職の状況が分かれば、資格を取得しようという気持ちも高まります。建築物環境衛生管理技術者の資格を取得しようと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.建築物環境衛生管理技術者の基礎知識

はじめに、建築物環境衛生管理技術者とはどのような資格かということをご説明しましょう。難易度や有資格者の需要はどのくらいなのでしょうか?

1-1.建築物環境衛生管理技術者とは

建築物環境衛生管理技術者は、建築物の環境衛生に関する監督等を行える資格です。主にビルの衛生管理を行うためビル管理士やビル管理技術者という通称があり、そちらの方が広く知られています。超高層ビル・オフィスビル・商業施設など面積が3,000平米を超える建築物には選任の義務があるため、求人は常に豊富です。有格者として就職すると大抵の職場ではビル管理の最高責任者を任されます。

1-2.建築物環境衛生管理技術者の仕事とは

建築物環境衛生管理技術者の主な仕事は、使用者が建物内で安全かつ衛生的に過ごせるように給排水・空調・照明などを管理・点検することです。これらはすべて自分で行うことはありませんが、設備を点検する業者や清掃業者・害虫駆除業者との折衝や契約などは行います。また、テナントからのクレームを解決したり、交渉を行ったりするのも仕事です。単にビル管理に関する知識があるだけでなく、マネジメント能力も必要とされます。そのため、ある程度社会経験がある人の方が向いている仕事です。

1-3.建築物環境衛生管理技術者の職場とは

建築物環境衛生管理技術者の資格を生かせる職場は、もちろんビル管理です。ビル管理業者やビルマネジメント業者に所属して色々なビルに派遣されることもありますし、ビルを持っている企業の管財や総務部門でも有資格者を求めています。特に、企業の持ちビルの管理を行う部門に務めている場合は、建築物環境衛生管理技術者の資格取得が出世の近道というところもあるでしょう。

1-4.建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するには

建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するには一定の学歴や資格を有し、ビル管理の仕事を一定期間行ってから講習会を受講する方法。厚生労働省によって定められた用途の建築物で同じく定められた仕事に一定期間就いた後に国家試験を受験して合格する方法があります。

講習会を受講する資格は厳しいため、実務経験を積んで試験にチャレンジする方の方が一般的です。合格率は平均して25%~27%で、難易度は高めですが、毎年多くの方が挑戦します。

1-5.建築物環境衛生管理技術者を取得するための講習について

冷凍機械責任者・電気主任技術者・ボイラー技士・技術士等の資格を有し、一定期間、建築物環境衛生管理技術者の選任が必要とされる建築物で環境衛生に関する職務の実務経験を積むと、資格取得ができる講習の受講資格を得られます。冷凍機械責任者・電気主任技術者やビル管理の職務に就く際に取得しておくと有利です。これらの資格を取得してビル管理の仕事に就いている方もいるでしょう。

講習は3週間、108時間にわたって行われ、費用はテキスト代込みで108,800円です。講習会場は東京・大阪の他、北海道・広島・石川・沖縄などで行われます。そのため、地方に住んでいて仕事を持っている方が講習を受けるためには、職場の理解も大切です。講習の申し込みは、日本建築衛生管理教育センターのホームページから行えます。

1-6.建築物環境衛生管理技術者の試験について

建築物環境衛生管理技術者の試験は、毎年10月の第1日曜日に行われます。受験資格を得るためには、厚生労働省が定めた用途の建築物内で、2年以上環境衛生に関する実務を積む必要があるので、幅広い年代の方が受験する試験です。建築物環境衛生管理技術者の合格基準は、各科目が満点中40%以上の正解率、総合得点が満点中65%以上の正解率で合格となります。試験科目は建築物衛生行政概論など7科目で、午前3科目午後4科目が行われるのです。
試験会場は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡で、受験費用は13,900円となります。遠方の方は、移動する日も考えて受験計画をたてるとよいですね。申し込みは日本建築衛生管理教育センターのホームページから行えますので、興味がある方はサイトを一読してみましょう。