建築物の環境衛生とは?ビル管理の資格取得に必要な基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「スキルアップしたい」「建築物の環境衛生について詳しく知りたい」など、建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方は多いでしょう。建築物環境衛生管理技術者の難易度は「普通」ですが、決して簡単に取得できる試験ではありません。必ず資格を取得したいのなら、建築物の環境衛生について知ることが大切です。そこで、これから、建築物の環境衛生管理や資格の内容について詳しく説明します。

  1. 建築物の環境衛生管理とは
  2. 建築物環境衛生管理基準について
  3. 建築物環境衛生管理技術者とは
  4. 建築物環境衛生管理技術者の試験について
  5. 建築物環境衛生管理技術者の勉強方法について
  6. 建築物環境衛生管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、建築物の環境衛生管理について知ることができます。「建築物環境衛生管理技術者」の試験に必要な知識も身につけることができるでしょう。


1.建築物の環境衛生管理とは

建築物の環境衛生管理は、建築物衛生法(ビル管理法)に基づいているものです。建築物の環境衛生にかかわりたい方や関連する資格を取得したい方は、必ず把握しておかなければなりません。

1-1.定義・概要

人が多く出入りする場所は、汚れやすく、衛生面での安全確保が難しいです。だからこそ、建築物の環境衛生管理を定めなければなりません。建築物の環境衛生管理は、「環境衛生上、良好な状態に維持をするため、必要な処置のこと」です。

1-2.目的・必要性

建築物の環境衛生保持や良好な状態の維持を目指しています。建築物に関して決まりを定めておかなければ「基準」があやふやになってしまうでしょう。結果、快適だとは思えない建築物になるのです。不特定多数の人にとって、快適かつ安全な建築物にするためにも、建築物の環境衛生管理が必要になります。

1-3.適用される場所

建築物の環境衛生管理が適用される場所は、主に“人の出入りが多い場所”です。たとえば、ビルや商業施設・映画館・美術館・ホール・娯楽施設などが挙げられます。