鋳鉄製ボイラーの構造や特徴とは?用途とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

鋳鉄製ボイラーは、暖房用や給湯用として私たちの身近に使われているボイラーの一種です。
その歴史も長く、20世紀初頭には暖房用として一般家庭にも普及していました。
そこで、今回は鋳鉄ボイラーの特徴や構造をご紹介します。
鋳鉄製ボイラーは、なぜ給湯用や暖房用にしか使われないのでしょうか?
その理由も、この記事を読めばわかります。
ボイラー関係の資格を取得したい方や実際に鋳鉄製ボイラーを使っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 鋳鉄製ボイラーとは?
  2. 鋳鉄製ボイラーのメリット・デメリットとは?
  3. 鋳鉄製ボイラーを扱うにはどうしたらいいの?
  4. ボイラーの整備点検の仕方
  5. ボイラーと普通の給湯器や暖房の違いとは?
  6. おわりに

1.鋳鉄製ボイラーとは?

鋳鉄製ボイラーとは、鋳鉄で製造されたボイラー全般を指します。
主に暖房用や給湯用の低圧ボイラーとして使われているのです。
法令で構造規格が定められており、暖房用の蒸気ボイラーで最高使用圧力0.1MPa以下。
給湯用の温水ボイラーで0.5MPa以下、そして温水温度も120℃以下と定められています。
構造は、鋳鉄製のセクションという部品を複数前後につなげて作られているのです。
ニップル、吹き出し、返し管といったセクションの名称は、ボイラー技士の試験にも登場します。
燃焼室の上に煙室伝熱面があり、その上に蒸気部連絡口がついた断面図を見たことがある方もいるでしょう。
セクションの連結部は通常が20程度ですが、それより多くても少なくても作れます。
ですから、大きさも比較的自由になりやすいでしょう。