光化学スモッグが発生する原因と発生を防ぐための対策とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「光化学スモッグ注意報」という言葉を、聞いたことがある方は多いと思います。
特に、昭和40年代~50年代初めにかけて、光化学スモッグは頻繁に発生しました。
光化学スモッグが体に悪いものという認識を持っているけれど、どんな影響があるか知らないという方も多いでしょう。
そこで今回は、光化学スモッグが発生する原因や体におよぼす影響、さらに対策方法をご紹介します。
日本では光化学スモッグが発生することはかなり少なくなりました。
しかし、外国に行くとまだまだ頻繁に発生している場所も多いでしょう。
興味がある方や公害防止管理者の方は必見ですよ。

目次

  1. 光化学スモッグとはどんなもの?
  2. 光化学スモッグの歴史とは?
  3. 光化学スモッグが体におよぼす影響とは?
  4. 光化学スモッグの対策とは?
  5. おわりに

1.光化学スモッグとはどんなもの?

光化学スモッグとは、光によって空気中に漂っていた物質が反応を起こし、霧状の有害物質が発生する現象のことです。
太陽の光というのは、紫外線や赤外線をはじめとする多種類の電磁波の集まり。
ですから、物質に当たるといろいろな化学反応を起こすものもあります。
空気中には、いろいろな物質が漂っているのです。
その中でも、太陽光に含まれる紫外線に反応しやすいのが、「窒素酸化物」と「炭化水素」。
これらは、石油や石炭などを燃やした煙や車の排ガスなどから発生するのです。
ですから、これらがたくさん漂っている空気に強い紫外線が当たるほど、光化学スモッグは発生しやすくなるでしょう。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら