第三種電気主任記述者

電験三種保有者の転職は有利になる?転職事情と有利に進める方法を徹底解説!

48人の方が、この記事を参考にしています。

電験三種は、合格率が低く、試験に合格するには約1,000時間の学習が必要だといわれています。実際に、電験三種の合格率は10%を切っており、取得そのものが難しい現状です。

また、ビルメンテナンスや電気設備などの保守・点検を行う場合、電験三種が必須となります。そのため、企業によっては、電験三種を取得することによって資格手当などの年収アップにつながることが多いといえるでしょう。しかし、資格を取得しても年収が上がらなかった場合、転職を考慮する必要があります

では、電験三種を取得することによって実際に転職に有利となるのでしょうか。ここでは、電験三種によってどんな職業に就くことが可能であるのか、転職市場ではどういった評価を受けるのかなどについて詳しくみていきます。

1.電験三種を取得すると、どのような仕事に就けるのか?

電験三種を取得することによって、電気設備の保守やメンテナンスを行う業務に就くことが可能となります。例えば、電気設備の管理や空調の管理、ホテルの設備管理、発電所の点検などの仕事が選択肢として考えられ、年収も400万円~が一般的に多いケースとなっており、資格取得の難しさに見合う金額だといえるでしょう。

1−1.ビル管理会社

都市部では、商業ビルが多くその全てにおいて、電験三種を保有する資格者が必要となります。1つのビルを管理する場合もあれば、対象が複数となるケースもあります。どのようなビルを管理するのか、求人情報に詳しく記載されている場合も多いでしょう。

業務内容は、どのような企業であっても一定です。例えば、巡回点検を行いつつ、法定点検やトラブルなどへの対処、業者への手配や作業の立ち会い、書類の作成などが業務の内容となります。

また、都市部であれば東証一部上場のグループ企業が商業施設を管理しているパターンも多く、年収や福利厚生といった雇用条件も充実している企業がほとんどです。

1−2.建設会社

建設会社は、工事の監督を行う電気工事士だけでなく電験三種の資格保持者もニーズとして必要としています。建設会社といっても建物を建てるだけではなく、電気の保守や管理を事業として扱っている企業も多いためです。

募集要項などをみてみると、ビルや工場などの施設内における高圧受電装置の保全や管理といった内容が多いのが現状です。また、電験三種を保有している場合、機械設備の管理がメインの仕事となるため、電気工事士とは全く異なった働き方だといえるでしょう。所属する企業によっては、官公庁などに出入りする場合もあり、非常に幅広い対応が求められます。 

1−3.電気設備会社

電気設備会社は、全国どこにでも存在しており、企業によってはその地域のシェアのトップになっている企業もあります。また、施設管理や機器の管理がメインであることから、残業なども多いと想定されます。しかし、残業時間の削減やプライベートの時間の重視など福利厚生に力を入れてる企業も多数存在しており、企業の選択肢は非常に多いといえるでしょう。

業務内容は、大規模なビルや工場だけではなく、商業施設を対象として設備管理や高圧受電設備の点検を行います。また、企業によっては1人で全てを行う訳ではなく、チームの組みながら円滑に点検を行うといった働き方もあるため、業務内容が似ていても企業で働き方が異なるのが現状です。そのため、企業選びは入念に行う必要があります。

2.電験三種を取得した人の転職事情

電験三種は多くの起業から求められる資格であり、資格保有者であるだけで様々な企業への転職が選択肢として考えられます。ここでは、転職者の事情について詳しくみていきます。

 2−1.企業・業界からのニーズは高く選択肢が増える

電気設備を業務として行っている企業であれば、商社や建設会社などをあらゆる企業に就職することが可能です。そのため、電験三種を取得していることによって、転職の選択肢が増加することになります。

2−2.選択肢が多いので自分に合った働き方を選びやすくなる

選択肢そのものが非常に多くなるため、自分の働き方にあった企業を選択することが可能となります。例えば、中小企業であっても大企業のグループ会社などであれば福利厚生は大企業に準ずるものとなっていることも多く、そういった企業に転職することも不可能ではありません。 

2−3.実務経験があれば年収は上がりやすい

また、実務経験を積むことによって年収が高くなりやすいのも、電験三種のメリットです。転職者の中には業務内容が変わらなかったものの、企業が代わっただけで年収が数百万単位で上昇した方もいます。そのため、実務経験を積んだ電験三種保有者は、選択肢が多いだけでなく、年収も経験に沿った金額を得やすいといえます。

3.電験三種保有者が転職市場で人気な理由はなに?

ここでは、電験三種の保有者が転職に有利な理由についてみていきましょう。

3−1.電気主任技術者は必置が義務付けられているうえに、業務独占資格

電験三種の代わりとなり得る資格は、電験2種と1種しかありません。法律で高圧電気設備を設置している場合は、電気主任技術者の設置が義務付けられています。そして、その業務は資格の保有者しか行えません。

3−2.取得難易度が高く、保有者が少なく深刻な人手不足

電験三種の受験資格はありません。しかし、試験の難易度が非常に高く、試験の合格に必要な知識は膨大な時間をかけて習得するしかないことから、合格率は10%を切ります。そのため、常に人手不足であるため、ニーズが何処にでもあるといえます。 

3−3.一方で実務経験なしだと転職条件があまり変わらない

資格保有者が求められているものの、実務経験のない資格保有者の評価はあまり高くありません。経験を問わない企業もあるため、合格できる確率はあるものの、転職にあたっては実務経験が重要視されています。特に年収や待遇を気にするのであれば実務経験は重要です。

4.電験三種の資格を活かして有利に転職を進める方法

ここでは、資格保有者が転職を有利に進める方法について焦点をあててみます。 

4−1.実務経験を出来るだけ積む

転職を行う場合、資格の保有だけでなく、実務経験が重要視されます。特に待遇や年収にこだわる場合は実務経験を積むことを重要視する必要があるでしょう。

実務経験に基づいたノウハウは、転職を行う場合でも非常に評価されるものであり、場合によっては面接の段階で前職の給料を上回る提示が行われる場合も少なくありません。 

4−2.転職後の業界研究・知識を積んでおく

転職後でも学習は可能であるものの、行きたい業界に対する研究は自分で行っておく必要があります。簡潔にこれから伸びしろのある業界なのか、市場規模が減少していく業界なのかはインターネットで調べるだけでもある程度理解できるでしょう。 

5.電験三種の有資格者が転職で使うべきサービス

電験三種の保有者が使用すべき転職サービスについて紹介して行きます。 

5−1.おススメの転職エージェント・人材紹介会社

リクルートエージェント、マイナビ転職エージェントがおススメです。共に転職サイトも展開しているものの、こちらはより個人の意向に沿ったうえで転職エージェントが間に入り、業界の動向を教えてくれたり、様々なアトバイスなどを受け取ることが可能です。

大手の転職エージェントサイトでは、人材紹介会社と直接つながれるものもあり、人材紹介会社においては面談の時間を設けて話し合うことが殆どです。そのため、より自分の求める条件に沿った転職が行いやすいといえます。 

5−2.おススメの転職サイト

  • リクナビNEXT
  • doda
  • マイナビ転職

がおススメです。リクナビNEXTは、大手企業に強く、転職エージェントからの誘いも多くあります。dodaはどのような企業でも間に担当者が付くこともあり、マイナビ転職は中小企業に強く総合して案件数も多く、求人によっては人材紹介会社や転職エージェントに直接つながる場合も多いため、使いやすいサイトだといえるでしょう。

6.まとめ

電験三種は経験がある資格保有者の場合、どのような場所でもニーズがあります。また、管理業務を行う場合、電気だけでなく、空調や衛生、防災や防犯などといった業務も付随するパターンもゼロではありません。そのため、転職においても日常的に点検を行う専門知識の保有者として活躍の場は広いといえるでしょう。

取りたい資格・知りたいことをお選びください