第三種電気主任技術者

電験三種試験・やる気の低下はどうする?モチベーション維持方法を解説

332人の方が、この記事を参考にしています。

電験三種試験は非常に内容が多岐にわたり、また学習もコツコツと進めていかなくてはならない関係上、学習を進めて試験に挑むまでにはかなりの日数がかかります。そして昔から一夜漬けタイプの方などは特に、このコツコツと日数を重ねて学習するというスタイルに最初のうち馴染めずモチベーションが低下してしまうこともあるでしょう。

そこでここでは電験三種試験の対策時にやる気が低下してしまったり、モチベーションが落ちてしまった時の対策方法について解説していきます。こちらを参考にして、モチベーションを維持しつつ楽しく電験三種試験を突破できるように頑張りましょう!

【電験三種試験】モチベーションは下がるものと心得よ

まず結論から申し上げてしまうならば、電験三種試験のモチベーションは徐々に下がるものです。「そんなものだ」と心得ておく必要があります。

最初から最後まで徹頭徹尾、モチベーションを高い状態で保ちつつ学習を進めることができる人はよほど「学習マラソン」の体力がある方か、あるいは昔から試験勉強の対策に打ち込んできたようなタイプの方か、もしくは、よほど電気関係のものがお好きで電験三種試験もラクラク合格できるだけの知識やスキルがある方ではないでしょうか。

それ以外の方の多くは電験三種の試験を行っていくにつれてモチベーションが低下するタイミングが必ずやってきます。

このモチベーションの低下はある程度仕方がないものとして心得ておく必要があるわけです。そうすることにより、モチベーションを絶対に下げてはならないと踏ん張るよりも、気持ち的に遊びを持たせることができます。

特に電験三種試験の学習は教材を応用したりさまざまな工夫のなされたカリキュラムを受講することで、楽しく進めることを大前提に対策をすることはできるものの「知識をインプットして応用力を身につける」という学習の本質は変わりませんので、体力も使いますし頭脳も使います。これで疲れないわけがないのです。

電験三種試験で疲れてきたりモチベーションが下がってくることは「当たり前」だと思っておきましょう。これで「自分は電験三種の試験に向いていないのではないか?」とか「やはり自分に受験勉強は無理だったのではないか」などとさじを投げてしまうのは、あまりにも勿体ない!

少し電験三種の試験に飽きてきたりモチベーションが下がってきたら、リフレッシュをするのも重要です。

電験三種試験対策のモチベーションが下がってきたら?

電験三種試験対策中にややモチベーションが低下してきたと感じたら、少しリフレッシュをしたり未来予想図を描いてみるというのも良いでしょう。人間のモチベーションは目的達成型のモチベーションと危機回避型のモチベーションに大別されるとされており、どちらのタイプのモチベーションが原動力になるかはその人次第というケースがほとんどです。

ここでは、危機回避型・目的達成型それぞれのモチベーションに応じて電験三種対策のモチベーションが下がってきた際に実践したい「未来予想図の描き方」を少しご紹介してみます。

電験三種合格後のことを考える

まずはなんといっても電験三種合格後の事を考えるというのはひとつの起爆剤になるでしょう。

長く苦しい電験三種試験対策ですが、合格してしまえばあとはバラ色の人生と楽しいライフがあなたのことを待っているというのは間違いなさそうです。

つまり、電験三種合格後、あなたがどのようなキャリアでどのような収入を得て、どんな職場でどんな働き方をしているか、新たな生活に思いをはせてみるというのは非常に重要なことです。

事実、プロアスリートも長く苦しいトレーニングの最中には大会で好成績を収めたり、悲願達成の際にどんなスピーチをするかなど、未来から逆算してモチベーションを上げています。

電験三種試験に落ちてしまった時のことを考える

ここでは目的達成型のモチベーション起爆剤をご紹介しましたが、続いてご紹介するのは危機回避型・モチベーションアップの方法です。

電験三種試験にこのまま勉強に身が入らずに落ちてしまった場合のことを考えてみましょう。

電験三種試験に落ちるとまず即物的なデメリットとして、今後1年間の間は電験三種試験に合格することはありえません。

電験三種試験は年に1度しか試験がありませんので、この試験に落ちてしまうと向こう一年間の間は電験三種試験合格者と名乗ることは絶対に不可能となるわけです。

これだけでも十分な脅威となり得るのですが、一年間という長い間、電験三種合格者として活動することができないとなると、それだけあなたのライフプランにも変動や影響が出てくることが予想されます。

もしあなたが今結婚を待たせている彼女がいたとしたら?家族が病気になってしまったら?

このように、電験三種合格を今年勝ち取ることができなければどのようなデメリットが襲いかかってくるか、考えただけですぐに勉強に身が入るという方も多いのではないでしょうか。

どちらの方向性から考えても、やはり未来予想図を描くということはモチベーションアップにつながるといってよいでしょう。

このことを達成したいから今頑張る

このことを招きたくないから今頑張る

どちらでも頑張るということに変わりはありませんし、イメージの力は時に人間の想像が及ばないほどの力を発揮することがあります。

つまり、未来を上手くイメージして具現化することにより、より目的達成のために力を発揮することができるというわけです。

特に電験三種試験の対策の場合は非常に長い期間学習に打ち込むことになりますので、途中で目的やモチベーションの根拠を見失ってしまいがちです。

そういったことにならないよう、常日頃からモチベーションを確認し、何のためにいま自分は電験三種試験の合格に向けて頑張っているのか?ということを忘れないようにしたいところです。

電験三種試験を高いモチベーションのまま走り切るには?

電験三種試験対策はモチベーション高く走りきることができれば、それに越したことはありません。そして、学習の方法によっては高いモチベーションのまま走りきることも決して不可能ではないのです。

例えば、電験三種試験のどこが苦しいか、ということを実際の試験問題や対策の傾向から導き出し、どんな部分で多くの脱落者が発生するかをよく理解しているチームが電験三種試験の合格講座を作ったとしたら?これほど嬉しい事はありませんね。少なくとも、独学で学習を進めるよりはモチベーションを高く維持することができるでしょう。

電験三種試験の対策は、こういった意味でもきちんと電験三種試験に「毎年向き合っている」電験三種試験のプロフェッショナルと二人三脚で走り抜けるのが重要というわけです。テキストが豪華で見やすい、というのも一つのポイントですが、そこに緻密に計算されたモチベーション維持の施策が入っていなければ意味がありません。

電験三種試験対策は様々な方法からアプローチすることができますが、出来る限り、電験三種のプロフェッショナルが作った学習教材を利用するようにしたいところです。

当サイトでも、電験三種試験対策のコンテンツや電験三種合格講座などのご案内を掲載しています。今もしあなたが電験三種試験対策を進めている真っ最中である、あるいは来年の電験三種試験を受けてみようと思っているのであれば、是非こちらも合わせてご覧ください。

取りたい資格・知りたいことをお選びください