第三種電気主任技術者

電験三種で本当に難しいのは自己管理?モチベーション維持方法まとめ

852人の方が、この記事を参考にしています。

年に一度しか試験が行われず、さらに全体的な合格率がわずか9%台にとどまる年もあるなど非常に合格率が低く難しい試験・それが第三種電気主任技術者試験(電験三種試験)です。

電験三種試験に合格することができれば、スキルアップや就職など幅広い分野で活躍が期待できるものの、その試験勉強で心が折れてしまうという方もいらっしゃるのが現状です。

電験三種の学習で最も難しいのは試験勉強ではなく、その前に立ちはだかる自己管理といっても良いでしょう。そこでここでは、電験三種学習において必要なモチベーション維持の方法をいくつかピックアップしてご紹介していきます。

電験三種で最も攻略すべき、第5の科目「自己管理」

電験三種は、試験の科目として

  • 理論
  • 電力
  • 機械
  • 法規

という四つの科目が存在します。そしてこれらの科目をバランスよく学習し、知識を身につけることにより初めて電験三種の試験に合格する可能性が出てくるというわけです。

しかしその合格率は極めて低く、学習難易度や学習コストも高いことも手伝って「難関試験」と目されています。

特に、電験三種の科目の中でも法規に関する部分は非常に難しく、計算に暗記、そして理論展開など幅広い能力が問われることでも知られています。

しかし、電験三種攻略において最も難しいのは「自己管理」。ここではあえて、自己管理も一つの科目として捉えてみました。

それほどまでに、電験三種の受験において自己管理やモチベーション維持は重要です。

そもそもモチベーションが維持できていなければ学習を進めることができません。電験三種の学習は最低でも1年間・あるいは合計で1000時間程度の時間が必要とされています。

この長い時間、モチベーションを一定の値で維持しつつ学習を進めていく必要があります。これは並大抵のことではありません。

しかも電験三種試験は計算問題や文章題、法律や知識のインプットなどやるべきことがたくさんあり、それでいて電気系統の学習ですのでビジュアルなどで覚えていくことも難しいという特徴があります。

学習方法を工夫しなければどんなに過去問テキストを用意しても、どれだけ学習にお金をかけたとしても、合格というゴールまで走り抜けることは難しい可能性があります。

電験三種で難しいモチベーション維持の方法は?

電験三種は科目の学習難易度もさることながら、モチベーション維持も難しいものがあるということをご理解いただいたところで、モチベーション維持の方法をいくつかご紹介していきます。

将来のビジョンを描く

まずは、将来のビジョンを描くことから始めましょう。電験三種を取得することにより、あなたはどのようなキャリアを望むことができるでしょう?

転職によって、仕事の幅が広がるかもしれません。また昇給や年収アップも期待できるかもしれません。自分に自信がつくかもしれません。お金がたくさん入ってくるようになれば、実現したいことや購入したいもの、そして遊びに行きたいところなどもあるのではないでしょうか?

仕事にメリハリが出てくるというのも一つのビジョンですね。このように電験三種に合格することにより、様々な方面であなたの未来が広がっていきます。

電験三種合格後のビジョンを描き、そこに向かって一直線に走り抜けるイメージで電験三種の勉強に取り組むというのも一つの方法です。

活躍している先輩の背中を追い続ける

職場に、あるいはあなたの周りに、すでに電験三種に合格して日々の仕事に邁進している先輩はいませんか?

現場で活躍している先輩の背中を追い、いつか自分も先輩のようになりたいと勉強を頑張るというのも一つの方法でしょう。

電験三種試験は基本的に学校の受験勉強のようなものではありません。難易度は学校の受験よりも難しいことすらありますが、合格した後に待っているのは学校への入学ではなく、現場での活躍です。

つまりキャリアアップも望めますし、活躍している人たちと一緒に第一線で仕事をすることができるようになる可能性もあります。将来バリバリと活躍している自分を思い浮かべながら学習をするとその道のりも楽しいものになりそうです。

細かく電験三種の学習計画を立てる

電験三種の受験は非常に難しいため、学習もかなり効率よく計画を立てて行なっていく必要があります。

しかし、短距離走のようにがむしゃらに走り抜けるだけではゴールは望めません。つまり、電験三種の試験勉強で重要なポイントの1つは正しい方法で「学習計画をきちんと立てる」というところにあります。正しい方法というのが、一つのポイントですが、この方法については、「原田メソッド」をご確認ください。

学習計画をきちんと立てることにより、目の前にある問題や、やらなければならないことの山が少しずつ小さくなります。

つまり一つの大きな山に立ち向かうとなるとモチベーションを維持するのは難しくなりますが、複数の小さな山に切り崩しながら進んでいくことにより、リズムを持って学習を進めることができるようになるというわけです。

モチベーションを維持しながら難しい電験三種を勉強するには「ヴィジュアルの力」を借りよう

電験三種試験は学習の内容そのものが非常に難しいため、理解やインプットを効率的に進めていくには、工夫が必要です。そしておすすめの工夫が「ヴィジュアルの力を借りる」ということです。

例えば、文字情報ばかりで全く無味乾燥なテキストと、フルカラーで情報量があり、図解やイラストなどでわかりやすく学習を進めることができるテキストであれば、あなたはどちらを選びますか?

少なくとも後者の方が効率的に理解をすることができると言ってよいでしょう。

文字ばかりよりもイラストなどが入っていてフルカラーの方が頭の中で整理がしやすく、また文字情報を暗記するのではなく、図解ごとまるで写真のように記憶することもできるからです。

さらに突き詰めて考えればイラストや静止画のみならず、動く情報・つまり動画情報として学習を進めることができれば、より電験三種の学習は楽しく、そして難しくないものになることでしょう。

そこに加えて電験三種を教えること20年余、数多くの電験三種合格者を輩出している講師のレクチャーが入るとしたら?これほどいいことはありませんね。

SATの電験三種合格講座では、

  • 自分のペースで
  • 隙間時間に

さらに、

  • イメージのつかみやすいテキストと動画

で学習を進めることが可能となっています。

独自のeラーニングシステムを利用し、さらに毎年アップデートを行っている電験三種の教材やモチベーションを維持するための様々なシステムなど「合格力」が高いのがSATの第三種電気主任技術者合格講座の特徴です。

ゼロから電験三種の学習を始め、わずか1年間で4科目合格が続出しているというこの講座。30日間の返金保証が付き、さらに試験不合格という万が一の場合にはサポート期間延長サービスまであるという電験三種学習者に非常に優しい設計となっています。

受講者目線に立ったカリキュラム設計により、全く初めて電験三種に触れた予備知識も何もない方が、1年間で合格を勝ち取ることができるなど成功体験談も続々公開されています。

予備知識があり、情報のインプットに習熟している方であれば4ヶ月という極めて短い期間で4科目の電験合格を取得することができたというケースも存在します。

まとめ

電験三種は受験勉強が非常に難しいことで知られていますが、その中でも実はモチベーション管理・維持が非常に難しい課題であることがわかりました。

将来の自分を思い描きつつ、あるいは現場にいる先輩の背中を追いかけつつ、ヴィジュアルの力を借りてわかりやすく学習を進めることが何よりも重要と言えそうです。

モチベーションがなければ1年間という長い期間、学習を進めることはできません。反対に、効率的に系統立てて分かりやすい学習カリキュラムを使うことができれば、これよりも短い期間で合格を勝ち取ることができるケースもあります。

まずは、モチベーションが維持しやすいと話題のSATの第三種電気主任技術者合格講座の資料請求から始めてみませんか?

取りたい資格・知りたいことをお選びください