第三種電気主任記述者

電験三種に合格する為の3つの勉強法を徹底解説!取り組む際の注意点も把握しよう

138人の方が、この記事を参考にしています。

電験三種の受験を決意した人の多くの人は「勉強方法や何を勉強すればいいのかがわからない」「書店で参考書を手にとってみたが、難しくて心が折れそう」と考えているでしょう。一体どのくらい勉強すれば一発合格が可能なのか、気になる方も多いのではないでしょうか?

そして、電験三種は合格率が低い試験です。しかし、時間をしっかり確保し、適切な方法で勉強すれば一度のチャレンジで試験合格も夢ではありません。

本記事では、電験三種合格者たちが実践していた勉強方法を紹介します。自分に合う勉強方法を探していきましょう。

1.どのくらい勉強時間が必要なのか?

電験三種の勉強時間は、一般的に約1,000時間が必要だといわれています。1日3時間費やしたとしても、約9ヶ月近くの時間が掛かる計算です。

電験三種の試験範囲は、理論・電力・機械・法規の4科目です。合計点数ではなく、各科目で60点以上を獲得する必要があります。そのため、全体的な理解が必須です。

ムダな時間を省くためにも、自分にあった勉強法をしっかり選定することが大切といえます。自分の学力レベルに合った勉強方法を選びましょう。

2.電験三種試験の勉強方法

電験三種の勉強方法は主に下記の3つがあります。

  1. 参考書で独学する
  2. 動画で独学する
  3. 専門学校に通う

勉強方法ごとにおすすめの人も紹介するので、どの勉強方法が自分に合いそうか参考にしてみてください。

2−1.参考書で独学をする

参考書で独学を行う場合、数多くの参考書が出版されています。そのため、自分の学力レベルに合わせやすいことが特徴です。

2−1−1.メリットと参考書での勉強が向いている人

参考書で独学するメリットは自分のタイミングで始められること、比較的コストが掛からないことの2点が挙げられます。自分のペースに合わせて、自分の学力レベルにあった参考書で勉強することができるでしょう。

参考書での勉強は自分のスケジュールを管理できる人、計画的に物事を進められる人におすすめの勉強方法です。反対に自己管理が苦手な方には向いていません。

2−1−2.おすすめの参考書3選

電験三種みんなが欲しかったシリーズ

初心者の方へ特におすすめな参考書です。4科目が全て同じ構成でシリーズ化されています。フルカラーで図解も多いので、より理解が深まるでしょう。また、問題集がついているため、1冊で十分対策可能です。

電験三種これだけシリーズ

「電験三種みんなが欲しかったシリーズ」よりももう少し電気の知識がある方におすすめの参考書です。イラストを用いた解説が多く、わかりやすいのが魅力です。問題数も十分な量があるので、この1冊で合格を目指すこともできます。

電験三種受験テキスト完全マスターシリーズ

電気の知識をある程度もっている方におススメなのが「完全マスターシリーズ」です。この参考書の内容を全て理解できれば、確実に合格できるでしょう。しかし、理解するためには相当電気の知識が必要となる点には注意が必要です。

2−2.動画教材で独学をする

動画教材も数多くリリースされています。参考書よりもコストはかかるのがネックであるものの、講師に質問ができるので一人で勉強するよりも理解するスピードは速いといえます。

2−2−1.メリットと動画教材での勉強が向いている人

ネット環境さえあれば、いつでもどこでも見られること、移動時間の合間などでも勉強可能、講師が教えてくれるためわかりやすい点がメリットといえます。

参考書で勉強するよりも、勉強する内容の把握やスケジュール管理がしやすい点は魅力だといえます。動画を視聴する中で自分の弱点を把握し、克服する管理ができる人におすすめの勉強方法です。

2−2−2.おすすめの動画教材

SAT

SATでは3つのコースを選ぶことができます。eラーニング講座、DVD講座、もしくは両方を兼ね備えたコースの3つです。どのコースを選んでも、テキスト・と問題集・模擬試験と学習管理ができるEラーニングシステムがついています。価格は税別で108,800円〜138,800円です。最低10回まで無料で質問することができ、さらに4科目一括セット購入者は30回まで無料で質問することができます。

また通信教育最大の弱点である、続かないをEラーニングシステムと目標達成法の世界的権威である「原田メソッド」との業務提携により克服しているのが特徴ですので、一人で全て進めることに不安を持っている人におすすめだといえるでしょう。

日本エネルギー管理センター事務局

オンライン動画受講コースが設けられており、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月のいずれかから選ぶことができます。期間内であれば動画が見放題で、過去の映像も閲覧可能です。

価格は税込みで39,800円〜99,800円と低価格なのが魅力です。しかし、テキストは別途購入が必要です。あまりコストをかけずに動画教材を求めている人におすすめです。

東京電気技術教育センター

有料講座も開講している東京電気技術教育センターでは、無料で動画を閲覧することが可能です。主に電験三種解説動画がアップロードされているので、一度視聴してみることをおすすめします。内容の把握が難しければ、他の動画教材や参考書の購入を検討しましょう。

翔泳社

それぞれの講師が自分の得意分野を独自の視点から講義をしています。HPがとても充実しており内容の正確性には信頼性があります。ただし、それぞれの科目担当者が講義をしている為、一部内容が重複しており効率が悪いのが難点です。

2−3.専門学校に通う

電験三種の専門学校は数多くあります。参考書や動画教材と比較するとコストは高額となります。しかし、学習レベルや理解度に合わせて解説してくれたり、スピードを合わせてくれたりと無理なく勉強することが可能です。

金銭的に余裕がある人は検討してみましょう。

2−3−1.メリットと専門学校での勉強が向いている人

定期的に学習が可能であり、自分でスケジュールを組み立てる必要がないことがメリットです。また、自己管理を行っていなくても対策ができます。自己管理が苦手な人、近くに通える場所がある人におすすめの学習方法です。

2−3−2.おすすめの専門学校

日本電子専門学校

新宿にある工業系専門学校。経済産業省、国土交通省認定学科である「電気工学科」があり、電験三種をはじめ電気主任技術者試験は卒業することで免除されます。基礎から応用まで2年間で合格できる範囲まで学ぶことが可能です。

日建学院

通学、自宅学習のいずれかを選ぶことができる専門学校です。創立50年以上の歴史を誇っています。電験三種のコースでは過去問の解説を徹底的に行なっており、1日1〜2時間勉強すれば最短3ヶ月前後で試験に臨めます。

TAC

1年かけて4科目を網羅し、試験対策にも力を入れている専門学校です。全国に校舎があり、通学・通信どちらにも対応しています。参考書「みんなが欲しかったシリーズ」が教材として配布されるので、講義と参考書の内容を把握することが可能です。

3.電験三種合格に向けた具体的な勉強スケジュールの立て方 

電験三種は毎年8月下旬〜9月上旬に試験日が設けられます。1日3時間の勉強時間の確保で約9ヶ月必要であることを念頭に置いておきましょう。そのうえで、あなたが1日に確保できる時間を決め、逆算して勉強期間を設定しましょう。

また、電験三種の4科目を闇雲に勉強すると時間を浪費することになります。そのため、理論→電力・機械→法規の順番に勉強するとスムーズに理解することができるでしょう。苦手意識がある場合は、中学・高校レベルの数学を復習してから勉強をはじめるとより理解度が高まります。

各科目1ヶ月で全体的に理解した後、もう1ヶ月は問題集を解くことに専念すると良いでしょう。最後の1ヶ月〜1ヶ月半は過去問を解いてみると良いです。

独学で勉強を進める場合はいかに無駄を省き、効率的に取り組めるかが重要です。スケジュールの管理も大きなカギとなってくるため、毎日自分の進捗を理解しておくことが大切です。

4.合格に向けて勉強する際の注意点はなに?

電験三種の勉強は膨大な時間が必要です。そのため、モチベーションの維持も安易ではありません。最初は勉強時間を確保することに注力し、習慣づけることを意識しましょう。

また、難解な問題を解くことよりも、基礎知識を充実させることに重点をおいてみましょう。電験三種に合格するためには、満点を取る必要はなく、公式や考え方の定着が鍵を握ることになります。

加えて、暗記することに囚われないようにしましょう。理解度が低いまま暗記をしても、応用力は養われません。

5.まとめ

電験三種は合格率が低く、難易度が高い試験です。しかし、自分にとって適切な方法で勉強し、必要な時間さえ確保できれば1回の試験で合格することが可能です。

また、選択する勉強方法によっては、コストや時間がかかります。そのため、それぞれの勉強方法のメリット・デメリットを理解し、いつ試験を受けるのかを決め、適切な勉強方法を選定しましょう。

 

取りたい資格・知りたいことをお選びください