管工事施工管理技士の資格を取得するメリットや取得後の就職先は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士とは、建築に関係する国家資格のひとつです。ほかの資格に比べると知名度も低くマイナーな感じもしますが、取得していればいろいろなメリットもあります。

そこで、今回は管工事施工管理技士の資格を習得する方法や就職できる場所などをご紹介しましょう。管工事施工管理技士の資格がなければ、開業できない職種もあるのです。また、この資格を取得しているとできることなどもご紹介します。管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 管工事施工管理技士とはどんな資格?
  2. 管工事施工管理技士を取得するメリットとは?
  3. 管工事施工管理技士を取得するには?
  4. 管工事施工管理技士に関するよくある質問
  5. おわりに

1.管工事施工管理技士とはどんな資格?

管工事施工管理技士とは、施工管理技士国家資格のひとつです。国土交通省の管轄で1級と2級があります。管工とは配管のことです。私たちが生活したり利用したりする建物には、たくさんの配管が通っています。一例をあげだけでも、冷暖房、空調、ガス配管、給湯設備、浄化槽工事、衛生設備工事などがあるのです。つまり、人が快適に生活をしたり使用したりする建物を造るためには、配管工事が欠かせません。管工事施工管理技士は、そんな配管工事の施工計画を立て、工程管理、品質管理、安全管理等を行います。建築業界にはなくてはならない仕事でしょう。

12