【絶対合格】ガス主任技術者を目指す人へ! 資格試験のコツを伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガスは、私たちの豊かな暮らしを実現するために欠かすことができません。しかし、ガスを安全に取り扱うためには専門知識が必要です。ガスの取り扱いに関する資格のひとつに、ガス主任技術者があります。ガス主任技術者として働くためには、国家試験を受けて合格することが必要です。そこで、今回は、ガス主任技術者の資格試験合格のコツを伝授することにします。

  1. ガス主任技術者とは
  2. ガス主任技術者について
  3. ガス主任技術者の資格について
  4. ガス主任技術者の試験について
  5. ガス主任技術者の勉強法を解説
  6. ガス主任技術者や試験に関するよくある質問

記事を読むことで、ガス主任技術者への理解が深まることでしょう。また、資格試験を突破するコツもわかります。本気で資格を取得したい人にとっては、とても有益な内容です。ぜひ、じっくり読んで参考にしてください。


1.ガス主任技術者とは?

最初に、ガス主任技術者の基本を学びましょう。

1-1.ガス主任技術者の概要

ガス主任技術者とは、ガス事業法に基づく国家資格のことです。管轄は経済産業省となり、一般家庭で利用する燃料ガスの製造から供給に至るまでを取り扱うことができます。可燃性の高いガスを安全に供給するためにも、欠かすことができない存在です。ガス事業者は、法令によってガス主任技術者を選任する義務があるため、常に常に高い需要があります。

1-2.ガス主任技術者の種類

ガス主任技術者には、甲種・乙種・丙種の3種類の区分があります。

  • 甲種:すべてのガス工作物の工事・維持・運用ができる
  • 乙種:最高使用圧力が中圧から低圧のガス工作物と特定ガス発生設備等にかかわるガス工作物等の工事・維持・運用ができる
  • 丙種:特定ガス発生設備にかかわるガス工作物の工事・維持・運用ができる

3種類の中では、甲種が最上位資格となります。