ガス主任技術者の試験問題を知りたい! 過去問を勉強しておくメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガス主任技術者は、ガス工作物の工事や維持・運用に関する保安監督を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、有資格者は各都道府県へ届け出をすれば、「特定第1種圧力容器取扱作業主任者免許」を無試験で取得することができます。

今回は、ガス主任技術者の試験問題や過去問の活用方法を中心に、資格を取得する方法をご紹介しましょう。

  1. ガス主任技術者に関する基礎知識
  2. ガス主任技術者の試験について
  3. ガス主任技術者試験の過去問活用法や勉強のコツ
  4. ガス主任技術者に関するよくある質問
  5. まとめ

この記事を読めば、ガス主任技術者の試験勉強のコツが分かります。ガス主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ガス主任技術者に関する基礎知識

はじめに、ガス主任技術者の概要や種類をご紹介します。どのようなことが行える資格なのでしょうか?

1-1.ガス主任技術者とは?

ガス主任技術者とは、ガス工作物の工事や維持・運用に際して、保安・監督を行うことができる資格です。ガスはお風呂を沸かしたり料理に使ったりと日常生活に欠かせません。電気や水道と並んでライフラインの一つにもなっています。その一方で、取り扱いを間違えると爆発事故や中毒事故を起こす危険なものです。

ガス主任技術者の資格を取得すれば、そんなガスを安全に正しく使用するための知識や技術を取得している証明にもなります。ガス工事を行う会社には欠かせません。ガス工事自体はガス主任技術者の監督下の元ならば無資格者でも行うことができます。しかし、どの営業所にも1人は有資格者が必要です。

1-2.ガス主任技術者の種類とは?

ガス主任技術者には、甲種・乙種・丙種の3種類があります。甲種はあらゆるガス工作物の工事・運用について保安監督を行うことができる資格です。乙種は最高使用圧力が中圧及び低圧のガス工作物並びに特定ガス発生設備等の工事に対して、丙種は特定ガス発生設備の工事などに対して保安監督ができる資格です。

1-3.ガス主任技術者の資格を取得するメリット

ガス主任技術者の資格を取得すれば、技術者を管理する立場になることが可能です。ガス工事や保安を行う会社で出世するためにも、ぜひ取得しておきましょう。

1-4.ガス主任技術者を必要とする就職先

ガス工事の保安監督を行える技術者は、建築会社やリフォーム会社にも需要があります。転職や再就職に有利となることもあるでしょう。ガス主任技術者の資格試験を受けるのに受験資格は必要ありませんので、畑違いの分野で働いていた方でも受験可能です。

12