【注目】管工事施工管理技士の年収や給料は?資格取得や転職も解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事は、建築工事の中でもライフラインを整えるという重要な役割を持っています。特に規模が大きくて重要な管工事の場合は、現場をきちんと管理する立場の人間が必要です。そこで、管工事の施工管理に欠かすことができない資格として管工事施工管理技士に注目が集まっています。

今回は、管工事施工管理技士の年収や給料はどうなっているかだけでなく、資格取得の難易度や転職状況についても考えてみましょう。

  1. 管工事施工管理技士について
  2. 管工事施工管理技士の年収について
  3. 管工事の種類や職務による年収の違い
  4. 年収アップのコツやポイントを学ぼう
  5. 管工事施工管理技士の年収や給料に関するQ&A
  6. まとめ

記事を読むことで、管工事施工管理技士について詳しい知識が身に付きます。また、実際に働きながら年収や給与をアップするにはどうすればいいかもわかることでしょう。今、建設業界で引く手あまたの資格である管工事施工管理技士について理解を深めるとともに、一生食べていくためにはどのように動くべきかについて学んでください。


1.管工事施工管理技士について

まずは、管工事施工管理技士の基本を学びます。職務だけでなく、種類・分類・目的・必要性・資格試験の合格率や難易度についても理解しましょう。

1-1.管工事施工管理技士の職務とは

管工事施工管理技士は、あらゆる管工事において施工管理を行うことが主な職務となります。また、工程管理や品質管理・安全管理も大切な職務です。管工事施工管理技士は、管工事現場のとりまとめ役と考えてください。大規模な工事は多くの工程があり、また多くの労働者が働いています。工期に向けて高品質な管工事を進めるためにも、管工事施工管理技士の職務は重要です。

1-2.管工事施工管理技士の種類や分類について

管工事施工管理技士には、1級と2級の種類があります。それぞれ解説しましょう。

1-2-1.1級管工事施工管理技士

1級管工事施工管理技士は、管工事に関する深い専門知識と豊富な実務経験を持ったエキスパートとして、現場の施工管理・工程管理・品質管理・安全管理にいたるまで幅広い職務を担当します。資格取得者は、特定建設業においての専任の技術者や、工事現場ごとの主任技術者および監理技術者になることが可能です。さらに、建築設備士試験の受験資格を得ることもできます。

1-2-2.2級管工事施工管理技士

管工事全般に対して必要な専門知識と実務経験を有しており、管工事現場において施工管理をはじめとする現場管理職務となります。2級管工事施工管理技士は、一般建設業の許可を受けた建設業者の営業所および工事現場における専任技術者や主任技術者となることが可能です。1級を目指す前に、まずは2級を受けて基礎を固めておくことをおすすめします。

1-3.管工事施工管理技士の目的や必要性について

管工事施工管理技士を置く目的は、管工事の現場において全体の作業を計画通りに行うためです。たとえば、現場で作業する人が指示通りに作業をしない場合、間違いが起きたり工期が遅れたりすることがあります。管工事施工管理技士が施工管理や工程管理をしながら、さらに品質管理まで目を配ることによって工事が予定通りに進むのです。また、作業員や現場の安全管理も重大な役目となるため、必要性は高いと言えます。

1-4.管工事施工管理技士の合格率や難易度

管工事施工管理技士になるためには、国家試験に合格する必要があります。平成27年度の合格率に関しては、下記をご覧ください。

  • 1級管工事施工管理技士:学科51.2%・実地・50.1%
  • 2級管工事施工管理技士:学科57.9%・実地・45.9%

合格率だけを見ると、5割程度となります。2人に1人が不合格というのは難易度が高い部類に入るのです。資格取得を目指す人は、試験準備をしっかり行う必要があります。