【注目】管工事施工管理技士の年収や給料は?資格取得や転職も解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

管工事は、建築工事の中でもライフラインを整えるという重要な役割を持っています。特に規模が大きくて重要な管工事の場合は、現場をきちんと管理する立場の人間が必要です。そこで、管工事の施工管理に欠かすことができない資格として管工事施工管理技士に注目が集まっています。今回は、管工事施工管理技士の年収や給料はどうなっているかだけでなく、資格取得の難易度や転職状況についても考えてみましょう。

  1. 管工事施工管理技士について
  2. 管工事施工管理技士の年収について
  3. 管工事の種類や職務による年収の違い
  4. 年収アップのコツやポイントを学ぼう
  5. 管工事施工管理技士の年収や給料でよくある質問

記事を読むことで、管工事施工管理技士について詳しい知識が身に付きます。また、実際に働きながら年収や給与をアップするにはどうすればいいかもわかることでしょう。今、建設業界で引く手あまたの資格である管工事施工管理技士について理解を深めるとともに、一生食べていくためにはどのように動くべきかについて学んでください。


1.管工事施工管理技士について

まずは、管工事施工管理技士の基本を学びます。職務だけでなく、種類・分類・目的・必要性・資格試験の合格率や難易度についても理解しましょう。

1-1.管工事施工管理技士の職務とは

管工事施工管理技士は、あらゆる管工事において施工管理を行うことが主な職務となります。また、工程管理や品質管理・安全管理も大切な職務です。管工事施工管理技士は、管工事現場のとりまとめ役と考えてください。大規模な工事は多くの工程があり、また多くの労働者が働いています。工期に向けて高品質な管工事を進めるためにも、管工事施工管理技士の職務は重要です。

1-2.管工事施工管理技士の種類や分類について

管工事施工管理技士には、1級と2級の種類があります。それぞれ解説しましょう。

1-2-1.1級管工事施工管理技士

1級管工事施工管理技士は、管工事にかんする深い専門知識と豊富な実務経験を持ったエキスパートとして、現場の施工管理・工程管理・品質管理・安全管理にいたるまで幅広い職務を担当します。資格取得者は、特定建設業においての専任の技術者や、工事現場ごとの主任技術者および監理技術者になることが可能です。さらに、建築設備士試験の受験資格を得ることもできます。

1-2-2.2級管工事施工管理技士

管工事全般に対して必要な専門知識と実務経験を有しており、管工事現場において施工管理をはじめとする現場管理職務となります。2級管工事施工管理技士は、一般建設業の許可を受けた建設業者の営業所および工事現場における専任技術者や主任技術者となることが可能です。1級を目指す前に、まずは2級を受けて基礎を固めておくことをおすすめします。

1-3.管工事施工管理技士の目的や必要性について

管工事施工管理技士を置く目的は、管工事の現場において全体の作業を計画通りに行うためです。たとえば、現場で作業する人が指示通りに作業をしない場合、間違いが起きたり工期が遅れたりすることがあります。管工事施工管理技士が施工管理や工程管理をしながら、さらに品質管理まで目を配ることによって工事が予定通りに進むのです。また、作業員や現場の安全管理も重大な役目となるため、必要性は高いと言えます。

1-4.管工事施工管理技士の合格率や難易度

管工事施工管理技士になるためには、国家試験に合格する必要があります。平成27年度の合格率にかんしては、下記をご覧ください。

  • 1級管工事施工管理技士:学科51.2%・実地・50.1%
  • 2級管工事施工管理技士:学科57.9%・実地・45.9%

合格率だけを見ると、5割程度となります。2人に1人が不合格というのは難易度が高い部類に入るのです。資格取得を目指す人は、試験準備をしっかり行う必要があります。

2.管工事施工管理技士の年収について

管工事施工管理技士の年収は、どのくらいになるのでしょうか。主な就職先や職場などの周辺知識を踏まえながらじっくり解説します。

2-1.管工事施工管理技士の主な就職先や職場

  • 建設会社
  • ビル管理会社
  • 配管工事会社
  • ゼネコン
  • プラント会社

管工事施工管理技士は、建設業界を中心に多くの就職先や職場で需要が高くなっています。

2-2.管工事施工管理技士の平均年収について

平均年収については、以下を参考にしてください。

  • 1級管工事施工管理技士:平均500万円から600万円以上
  • 2級管工事施工管理技士:平均400万円から500万円以上

なお、1級管工事施工管理士にかんしては、実務経験によって年収800万円以上となることも多いです。特に大企業で勤務する場合は、高収入が期待できます。

2-3.管工事施工管理技士の求人状況

たとえば、求人サイトなどで「管工事施工管理会社 求人」で検索すると多くの情報が上がってきます。つまり、求人は活発なのです。さまざまな企業が管工事施工管理技士を求めていることがわかるので試してみてください。特に、管工事施工管理技士としての実務経験がある人にとっては、特に有利な状況です。また、資格を取得したばかりの人でも企業の期待が大きいことがわかりますよ。

2-4.管工事施工管理技士のニーズについて

大規模な管工事を受注した場合、企業では管工事施工管理技士が必要です。従って、管工事施工管理技士は常に高いニーズがあります。施工管理や工程管理・安全管理を適切に進めるためには、豊富な専門知識と実務経験を伴った人物が必要です。しかし、まだ十分に人材が行き届いているとは言えません。管工事施工管理技士のニーズは、衰えることは無いでしょう。

2-5.管工事施工管理技士の将来性について

管工事施工管理技士は、将来性がある資格です。建築物を作るにあたって、管工事が無くなることはありません。また、管工事を適切かつ安全に行うためにも現場管理を行うことは必要不可欠なことです。そのため、管工事施工管理技士の将来性は明るいと言えます。特に、大規模な管工事となると難易度が上がるため、専任で職務に当たることも多いです。将来性を考えても、管工事施工管理技士の資格取得は価値があります。

2-6.管工事施工管理技士の年収にかんする注意点

企業が重宝する管工事施工管理技士であっても、企業によって年収は上下するものです。たとえば、大企業の方が中小企業より年収が高くなることは否定できません。また、管工事施工管理技士として就職・転職をしても、企業が何を求めているのかによっても年収の考えは違ってきます。また、モデル年収を見て入社したものの、実際の年収と大きく異なっていて失望することが無いように面接などできちんと確認しておきましょう。

3.管工事の種類や職務による年収の違い

では、管工事の種類や職務によって年収に違いがあるのかについて解説します。より年収が高い仕事を希望する人はしっかりチェックしておきましょう。

3-1.管工事施工管理技士が扱う仕事とは

  • 冷暖房設備工事
  • 空調設備工事
  • 給排水・給湯設備工事
  • ダクト工事
  • 浄化槽工事
  • ガス配管工事
  • 衛生設備工事

管工事施工管理技士は、多くの種類の管工事にかんして専門知識を生かして施工管理に当たります。

3-2.仕事の種類や職務による年収の違いを解説

管工事施工管理技士であっても、扱う仕事の種類や職務によって年収が上下します。施工管理や工程管理・安全管理など本来の職務のほかにも、マネージャーとしての仕事が入ってくる場合は、年収が高いです。また、1級管工事施工管理技士は、下請負人を適切に指導したり監督する職務を担う監理(かんり)技術者の指名を受けたりすることがあります。監理(かんり)技術者となると、手当てが上乗せになることも多いので年収がアップしやすいですよ。

4.年収アップのコツやポイントを学ぼう

管工事施工管理技士としての年収アップのコツやポイントを学びましょう。知っている人と知らない人では、大きく差が付きますよ。

4-1.働き方で年収をアップしよう

管工事施工管理技士が年収をアップするためには、より専門的な働き方をすることとマネージャー要素のある立場に就くことが重要となります。2級よりは1級を取得している人の方が幅広い職務を担当できるため、昇給する可能性も高いです。なお、実務経験が浅いうちでも大企業の正社員として働くことで比較的高収入を安定して稼ぐことができます。

4-2.キャリアアップに役立つ方法や資格について

自分の仕事の幅を広げるためには、ほかの資格を取得することも考えてみましょう。施工管理技士として、管工事以外にも土木・建築・電気・造園の分野の資格取得を目指すのもいい方法です。管工事施工管理技士を取得することで社会保険労務士の受験資格を得ることができます。社会保険労務士は、人事・労務にかんするプロフェッショナルです。ぜひ、資格取得を検討してください。なお、資格取得には効率よく学習することが大切です。当社でも資格試験合格に照準を合わせた講座を多数用意していますので参考にしてくださいね。

SAT

4-3.管工事施工管理技士としての独立について

管工事施工管理技士は、企業に必ずしも属している必要はありません。さまざまな種類や難易度の仕事を経験した後は、独立することも可能です。自分の腕1本でチャレンジしてみたいと思っている場合は、できるだけ多くの経験を積んでいきましょう。また、独立後に仕事を受けることができるかどうかは、人脈の有無にもよります。会社組織を離れた後でも仕事を回してもらうことができるように、目の前の仕事に全力投球するほかにも人脈作りに励みましょう。

4-4.そのほかの年収アップのコツやポイント

管工事施工管理技士として、年収アップをするためには常に新しい知識や技術を吸収していくことがコツです。建設業界も、日々さまざまな面で進化しています。自分の職務範囲以外にも関連分野の知識や経験を積むことが大切です。業界には、優秀な人材がどんどん入ってきます。企業から必要な人材として高評価を受けるためにも、年収アップの可能性を持ち続けるためにも、視野を広く保ちましょう。なお、優秀な人材は外部からの引き抜きもあり得ます。良い条件で魅力的であると感じた場合は、転職も考えて動いてくださいね。

5.管工事施工管理技士の年収や給料でよくある質問

最後に、管工事施工管理技士の年収や給料にかんしてよくある質問を解説します。総復習の意味でも、それぞれしっかり確認しておきましょう。

5-1.管工事施工管理技士の資格取得は年齢制限がありますか?

受験資格に年齢制限は特にありません。しかし、受験には実務経験が必要な資格です。たとえば、「大学の指定学科を卒業後に1年以上の実務経験」を有する人でも受験するときには23歳以上となります。ただし、年齢の上限は無いため受験資格を満たす人はいつでもチャレンジできると覚えておきましょう。

5-2.管工事施工管理技士の資格は有効期限や更新義務がありますか?

管工事施工管理技士の資格自体には有効期限はありません。ひとたび取得した後は、免許の更新は基本的に行わなくて大丈夫です。しかし、1級管工事施工管理技士で監理(かんり)技術者として職務に当たるためには、規定の講習を5年ごとに受けて更新していく必要があります。

5-3.管工事施工管理技士はどんな性格の人に向いていますか?

管工事施工管理技士は、管工事現場のまとめ役です。管工事や施工管理などの専門技術を身に付けているほか、目の前に見えていることだけでなく、全体を見渡しながら仕事を確実・安全に進めていく能力がある人が向いています。また、現場の労働者たちとも密に連絡を取る必要があることから、コミュニケーション能力がある方が望ましいでしょう。

5-4.収入アップのために転職を繰り返すと信頼できないとの評価を受けませんか?

確かに、一般的な労働者の場合は、転職をした数が多過ぎるとマイナス評価を受けることもあります。しかし、技術職として貴重な資格である管工事施工管理技士にかんしては、転職の数よりも理由を重視するものです。ひとつの企業に長期勤務して実績を積み続けることもひとつの方法でしょう。しかし、企業の枠にはまらずに最前線で多くの現場にかかわってきた経験は大きな魅力となります。安心して、キャリアアップのための転職をしてください。

5-5.女性でも管工事施工管理技士着になれば収入増が期待できますか?

建設業界は、男性が主体となって動いている印象があります。実際に、現場では力仕事が多いことからも以前男性労働者が優位にあるのも事実です。しかし、管工事施工管理技士にかんしては、女性も活躍できるチャンスはたくさんあります。また、受験資格に男女の区別もありません。まだ業界に女性の管工事施工管理技士が少ない今だからこそ、大きなチャンスがあるとも言えます。ぜひ、管工事施工管理技士にチャレンジしてください。

まとめ

今回は、管工事施工管理技士の年収や給与に焦点を当てながら解説をしました。管工事施工管理技士は、管工事全般にかかわる現場の管理者として重要な職務を担当しています。資格を取得することで、建設業界から引く手あまたの人材になることも可能です。しかし、年収をアップしたかったり給与を増やしていきたかったりする場合は、計画的にキャリアアップの道を進みましょう。幅広い職務を担当して実務経験を積むほかに、マネージャー業務が入ってくることで年収増を期待できます。実務経験を積んだ後は、独立することも可能です。自分の可能性を信じて、努力を重ねていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

管工事施工管理技士を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で管工事施工管理技士試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き

全額返金保証!/ 合格するまでサポート無料!/ 長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら