土木施工管理技士の仕事内容はどんなもの? 資格取得をするメリットは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

施工管理技士とは、施工管理や安全管理・現場の監督業務などを行える国家資格です。土木施工管理技士とは、土木工事の現場でそれらを行うことができます。取得を目指して勉強に励んでいる人も多い資格です。では、資格を取得したらどのような仕事ができるのでしょうか?
今回は、土木施工管理技士の仕事内容を中心に、試験や勉強のコツなどを解説します。

  1. 土木施工管理技士の仕事内容について
  2. 土木施工管理技士を取得する方法
  3. 勉強方法のコツ
  4. 土木施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、土木施工管理技士の仕事内容だけでなく、資格取得までの流れや勉強のコツもよく分かるでしょう。土木施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.土木施工管理技士の仕事内容について

はじめに、土木施工管理技士の仕事内容や資格を取得するメリットなどを解説します。どのような仕事をおこなうのでしょうか?

1-1.土木施工管理技士の資格概要

土木施工管理技士とは、土木工事の施工管理や安全管理・監督業務などを行うことができる資格です。無資格者でもこれらの仕事を行うことは可能ですが、建築法ではこれらの仕事を行う主任技術者や監理技術者は、各施工管理技術者の資格がなければ選任できないと定めています。また、主任技術者や監理技術者はすべての工事現場で選任が義務づけられているのです。

1-2.土木施工管理技士の仕事内容

前述のとおり、土木施工管理技士の仕事内容は、

  • 工事の施工管理
  • 工事の安全管理
  • 技術者の監督業務

が主です。土木工事には、多くの技術者が関わります。技術者たちを統率し、納期を守り安全に仕事をすすめられるように指揮をすること、と言えば理解しやすいでしょう。

1-3.土木施工管理技士を必要としている職場

土木施工管理技士は、土木工事を行うすべての工事現場で必要とされています。ですから、土木工事を行う建設会社では常に一定の求人があるでしょう。また、資格を取得すれば昇給や昇進ものぞめます。もちろん、転職にも大いに役立つでしょう。

1-4.土木施工管理技士の種類

土木施工管理技士には、1級と2級があり、以下のような違いがあります。

  • 1級:すべての土木工事で施工管理や安全管理が行え、主任技術者と監理技術者の両方に選任を受けることができる。このほか、専任技術者にもなることが可能
  • 2級:土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種類がある。取得した工事を行う際、主任技術者に選任を受けることが可能

1級の方が選任を受けられるものの数が多く、取得するメリットも大きいでしょう。2級を取得できたら、ぜひ1級を目指してみてください。

12