土木関係の資格を取得したい方は必見!難易度など詳細をチェック!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木は、江戸時代末期から使われてきた技術です。東日本大震災後は土木に関係する除染工事・造成工事といった復興工事が大活躍しました。土木関連の工事をおこなうときに役立つのが土木施工管理技士です。これから、土木とは何なのか、土木関連の資格や土木施工管理技士の試験内容など解説します。土木関連の仕事でスキルアップしたい、資格を取得したい方は必見です。

  1. 土木とは?
  2. 土木関係の資格にはどんなものがある?
  3. 土木施工管理技士について
  4. 土木施工管理技士の試験・講習について
  5. 土木関係の資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、土木関連の資格取得に必要な情報が入手できます。


1.土木とは?

トンネルや公園、道、河川整備、都市開発などあらゆる場所で土木が大活躍しています。では、一体土木とはどんな内容なのでしょうか。土木の概要や職務について詳しく解説します。

1‐1.土木の概要

土木は中国の古語「築土構木(ちくどこうぼく)」から生まれた言葉です。土を築き、木を構えることで厳しい雨風や寒暑(かんしょ)を避けることができるという意味を持っています。築土構木(ちくどこうぼく)があってこそ、私たちは安定した生活が送れるのです。建築と密接につながっており建築工事と土木工事を合わせて建設業といいます。主に、建築工事は家やビルなど私有構造物を取り扱いますが、土木工事は公園、河川整備など公有構造物がほとんどです。

1‐2.土木の職務について

土木関連の業務は上下水道、道路舗装、掘削(くっさく)など幅広いです。土木工事の内容によって職務も変わるでしょう。たとえば、大型工事・公共工事の場合は道路・河川・ダムなどになります。公共工事には電気・ガス・水道を地下に埋没する作業もあるでしょう。ほかにも、排水路の整備、畑や田んぼの耕地整理、宅地の区画整理などがあります。どんな職務につきたいのか、明確にしておくと取得すべき資格がわかるでしょう。