土木施工管理技士の試験に挑戦したい方必見! 参考書や問題集の選び方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士とは、土木工事を行う際に施工管理や安全管理・技術的な監督業務などを行うことができる資格です。土木工事の大半は大規模な工事であり、たくさんの技術者が施工に関わります。土木施工管理技士は、技術者たちをまとめて、工事を計画通りかつ安全に進めて行くことが、最大の職務です。有資格者は、どのような工事現場にも選任が必要な「主任技術者」や「監理技術者」になることができます。資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士試験の参考書や問題集について、解説しましょう。

  1. 土木工事施工管理技士とはどのような資格?
  2. 土木施工管理技士の種類や資格取得の方法
  3. 土木施工管理技士試験の勉強について
  4. 土木施工管理技士の試験対策に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、参考書や問題集の選び方から活用方法まで分かりますよ。施工管理技士の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.土木工事施工管理技士とはどのような資格?

土木施工管理技士とは、前述したように土木工事の施工管理や安全管理・監督業務などを行うことができる資格です。建築業法により、建設作業現場には必ず主任技術者や監理技術者を選任が義務づけられており、選任されるには、各種施工管理技士の資格が必要になっています。
ですから、取得すれば昇進や昇給が望めるほか、就職にも有利です。土木工事を一生の仕事としていきたい場合は、取得をしておいて損はないでしょう。

12