土木施工管理技士の試験に挑戦したい方必見! 参考書や問題集の選び方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士とは、土木工事を行う際に施工管理や安全管理・技術的な監督業務などを行うことができる資格です。土木工事の大半は大規模な工事であり、たくさんの技術者が施工に関わります。土木施工管理技士は、技術者たちをまとめて、工事を計画通りかつ安全に進めて行くことが、最大の職務です。有資格者は、どのような工事現場にも選任が必要な「主任技術者」や「監理技術者」になることができます。資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士試験の参考書や問題集について、解説しましょう。

  1. 土木工事施工管理技士とはどのような資格?
  2. 土木施工管理技士の種類や資格取得の方法
  3. 土木施工管理技士試験の勉強について
  4. 土木施工管理技士の試験対策に関するよくある質問

この記事を読めば、参考書や問題集の選び方から活用方法まで分かりますよ。施工管理技士の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.土木工事施工管理技士とはどのような資格?

土木施工管理技士とは、前述したように土木工事の施工管理や安全管理・監督業務などを行うことができる資格です。建築業法により、建設作業現場には必ず主任技術者や監理技術者を選任が義務づけられており、選任されるには、各種施工管理技士の資格が必要になっています。
ですから、取得すれば昇進や昇給が望めるほか、就職にも有利です。土木工事を一生の仕事としていきたい場合は、取得をしておいて損はないでしょう。

2.土木施工管理技士の種類や資格取得の方法

この項では、土木施工管理技士の種類や資格取得の方法について解説します。どうすれば、資格を取得できるのでしょうか?

2-1.土木施工管理技士の種類

土木施工管理技士には、1級と2級があり、1級の有資格者はすべての土木工事で施工管理や安全管理が行える他、主任技術者と監理技術者の両方に選任う受けることができます。2級は、土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種類に分かれており、取得した工事を行う際、主任技術者に選任を受けることが可能です。

1級を取得した方が仕事の幅が広く、給与も高い傾向にあります。そのため、まずは2級を取得して主任技術者としての経験を積み、1級取得を目指す方も多いことでしょう。

2-2.土木施工管理技士の資格取得方法

土木施工管理技士を取得するには、全国建築研修センターが主催する試験を受けて合格する必要があります。一定の実務経験がないと受験資格を得られませんので、必ずセンターのホームページで必要な実務経験の年数を確認しましょう。学歴によって異なるほか、1級と2級では期間や条件が異なります。

試験は学科と実地の2科目があり、1級は年に1度、2級の学科だけ年に2度開催されるのです。学科の合格者だけが実地試験を受験することができます。実地試験が不合格だった場合は、翌年に限って学科試験が免除されるため、このチャンスを逃さないようにしましょう。また、技術者など特定の資格を取得していても試験の一部が免除されるので、センターのホームページを確認してください。

2-3.試験の内容や難易度などについて

土木施工管理技士の試験は、学科試験が土木工学・施工管理法・ 法規の3科目、実地試験が施工管理法です。学科試験はマークシート方式であり、実地試験は施工経験記述をメインとした論文形式で行われます。

このため、平成28年度の試験では学科試験の合格率が1級は55%、2級は48%となっていますが、実地試験は1級が37%、2級が30%と低くなっているのです。
「学科試験は受かるのに実地試験が何度やっても不合格になる」という方も多いので、実地試験対策が合格のカギを握るといってよいでしょう。

3.土木施工管理技士試験の勉強について

この項では、試験勉強の種類や参考書・問題集の選び方について解説します。ぜひ参考にしてください。

3-1.土木施工管理技士試験の勉強方法

土木施工管理技士試験の勉強方法には、独学・通信教材の利用・講習会の利用という3つの方法があります。独学とは、書店などで参考書や問題集を自分で購入し、自宅で勉強する方法です。時間が自由に使える反面、モチベーションが保ちにくく、分からないところが出てきた場合、対処しにくいというデメリットがあります。

通信教材は、自宅で教材を使用して勉強した後、模擬試験問題の回答を送付して添削してもらう勉強方法です。市販の参考書や問題集より丁寧に作られているので分かりやすく、メールで質問も受けつけてもらえます。その分、市販の参考書や問題集よりも高価です。

講習会は、予備校などで開催されています。数か月単位で通う講座のほか、直前講座も実施されていますので、独学と併せて利用するのもよいでしょう。講師がいますので、分からないところなどもすぐに質問できます。勉強のモチベーションも保ちやすいのですが、講座の開催地は大都市がほとんどで、地方に住んでいる方は利用しにくいでしょう。

3-2.参考書や問題集の選び方

土木施工管理技士の参考書や問題集は、書店やインターネットショップで購入できます。インターネットで検索すると、評判が良いものが分かるでしょう。それを基準に選んでも良いのですが、内容が自分にとって分かりやすいものであることも大切です。ですから、必ず中身を確認してから購入しましょう。持ち歩くならば、小型のものの方が便利です。

過去問題集と参考書をセットで購入し、参考書を読んだら過去問題を解いてみるようにすると、知識が身についているかどうか分かります。

3-3.学科試験と実地試験の勉強方法の違い

学科試験は択一式問題ですので、暗記が中心です。参考書を読んで過去問題をくり返し解いていけば、知識が身についていくでしょう。理解できないものであっても、答えを暗記すれば得点は取れます。合格ラインの得点率は60%ですから、参考書を読んで必要事項を暗記し、何度か過去問題をくり返して解けば、合格できるでしょう。

実地試験は、記述式ですから「これが正解」というものがありません。ですから、論文に必ず盛り込まなければならないポイントや、模範解答の例文がたくさん載っている参考書がおすすめです。このような参考書があれば、論文の組み立て方がある程度分かります。
独学で合格する自信がないという場合は、学科試験に合格したら通信教材や講習会を利用し始めてもよいでしょう。

3-4.勉強のコツ

土木施工管理技士の試験を受ける方のほとんどが、仕事をしながら試験にチャレンジすることでしょう。ですから、勉強時間の確保も大切です。週末にまとめて勉強するよりは、毎日1時間だけでも勉強をする習慣をつけましょう。人間の集中力には限りがあります。1週間に7時間勉強する場合、毎日1時間ずつ勉強していった場合と週末にまとめて7時間勉強したのでは、毎日勉強した人の方が、知識は身につきやすいでしょう。

毎日帰りが遅いという場合は、通勤時間や昼休みに勉強するのもおすすめです。また、SATの教材はブック式の参考書の他、専門の講師が行った講義を収録したDVDやeラーニングもついてきます。本を読むより耳から講義を聞いた方が知識が身に付きやすいという方は、ぜひ利用してみてください。

4.土木施工管理技士の試験対策に関するよくある質問

Q.土木施工管理技士を独学で勉強する場合、どうすればモチベーションが続きますか?
A.SNSを利用して、全国の受験生とつながるのも一つの方法です。お互いに励まし合ったり分からないことを教え合ったりすることもできるでしょう。職場に資格を持った方がいる場合は、その方にアドバイスをもらってもいいですね。

Q.実地試験では、模擬問題集に載っていた例文を少しアレンジして書いてみても大丈夫でしょうか?
A.実地試験で問われるのは、あくまでも自分の経験に基づいた論述です。模擬問題の模範解答をアレンジしたくらいでは、すぐにばれてしまうでしょう。やってはいけません。

Q.通信教材を利用したいのですが、テキストが自分に合っているかどうか分からずに悩んでいます。
A.今は、業者のホームページでテキストの内容を一部確認ができる教材も多いので、まずは確認してみましょう。また、SATの教材は、万が一合わなかった場合は、一定期間内でしたら教材を返却することができます。

Q.実地試験は何時間くらい勉強すればよいでしょうか?
A.人によって異なりますが、学科試験に合格したら最低でも毎日1時間は勉強した方がよいですね。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は土木施工管理技士試験の問題集などについて解説しました。受験する方が限られているので、書店で販売されている資格試験の問題集の中では、種類は少ない方です。その反面、あまり迷うことがありませんので、よく吟味して自分に合っているものを購入しましょう。書店で販売されている参考書や問題集はどれもが分かりにくいという場合は、通信教材の利用がおすすめです。