残留塩素濃度の基準や測定方法を知りたい! 職務に必要な資格は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

残留塩素濃度とは、水道水の中に残っている塩素のことです。塩素には強い殺菌作用があり、ほぼすべての細菌に効果があります。そのため、日本では水道法という法律に沿って水道水に消毒用塩素を添加しているのです。残留塩素濃度が多すぎれば人体に有害ですし、少なければ短時間で細菌が繁殖して食中毒の原因となります。

今回は、残留塩素濃度の基準や測定方法を解説しましょう。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら