コンクリートの種類は豊富!それぞれの特徴や配合について知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちが普段歩いている道は、ほとんどがコンクリートです。
コンクリートには使用用途や目的によってさまざまな種類を使いわけています。
コンクリートを上手に使うためには詳しい知識が必要です。
そこで、コンクリートの特徴や種類、調合、使用用途など詳しく説明していきます。
コンクリートについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. コンクリートの特徴
  2. コンクリートの種類
  3. コンクリートの調合・配合
  4. まとめ

1.コンクリートの特徴

さまざまな種類があるコンクリートは、それぞれの特徴を生かして上手に使用しています。
上手に使うにはコンクリートの特徴を把握しておかなければなりません。
では、一体どんな特徴を持っているのでしょうか。

1-1.自由に形成できる、寿命が長い

コンクリートの最も大きな特徴は「自由に形成できること」です。
基本的に、コンクリートは砂やセメント・砂利・水・化学混和剤といった材料で構成されています。
材料自体、自由に形を作ることができるタイプばかりなので、さまざまな表現方法が可能なのです。
たとえば、建築物においては打ちっぱなしという仕上げ方法から吹きつけ塗装、石やタイルの貼りつけなどさまざまな方法があります。
自分たちの理想どおりの仕上がりにできるのは魅力的ですね。
さらに、「寿命が長いこと」も特徴の1つでしょう。
コンクリート建造物の耐用年数は、壁の厚さに比例しています。
つまり、壁が厚ければ厚いほど寿命が長くなるのです。
ヨーロッパ中世のコンクリートが現代まで残っているほど、コンクリートは長持ちします。

1-2.耐震性・耐火性・遮音性にすぐれている

コンクリートはあらゆる表現方法が可能なだけでなく、耐震性・耐火性・遮音性にすぐれています。
強度が非常に高いことから、地震対策として木造よりもコンクリートを選ぶ人が増えてきました。
遮音性については、木造住宅のおよそ10倍も音を遮断する力があると言われています。室内の音をそとへもらすことなく、そとの騒音を室内にいれないすぐれものです。
地震や火に強く、音も遮断できるコンクリートは、さらに今後注目度があがるでしょう。
しかし、引っ張る力に対する抵抗力が小さいデメリットを持っています。
よって、引っ張る力に対抗できる工夫をほどこさなければなりません。

1-3.圧縮力に強い、価格が安い

引っ張る力に弱いコンクリートですが、圧縮力に強い一面を持っています。
圧縮に対する抵抗性が大きいメリットと引っ張る力の弱さをふまえたものが「鉄筋コンクリート」です。
鉄筋コンクリートはコンクリートの欠点をおぎない、特徴を生かした方法になります。圧縮力に強いコンクリートと引っ張る力に強い鉄筋をうまく組み合わせているのです。よって、耐久性がさらに向上して木造住宅よりも圧倒的に強い建物になるでしょう。
鉄筋コンクリートは幅広い建築物に使用しています。
ちなみに、鉄筋を使用しないコンクリートは「無筋コンクリート」です。
そして、もう1つ「価格が安いこと」も大きな特徴になるでしょう。
コンクリートの材料はお金がかからないものばかりです。
費用を抑えつつも、効率的に使用できる硬化物と言えます。

12