設備系資格

建設業界トップの仕事ができる!技術士の仕事内容や魅力を徹底解説!

732人の方が、この記事を参考にしています。

建設業界は最も資格が多いと言っても過言ではないくらいに様々な種類の資格が存在します。それぞれの資格が、現場への入場に必要であったりするケースも珍しくなく資格は常に重要視されています。 

そのような建設系の資格の中で最高峰の一つに位置するのが技術士でしょう。非常に難易度も高く、筆記に加えて、口頭試験も突破しないと資格を取得することが出来ません。

しかし、最高峰だからこそ他の資格では出来ないこともこの資格を持っているとできるようになります。技術士は高度な専門知識を持っているということを国が認めた証でもありますので、年収も増える可能性が高まります。難関資格ですが、SATの2次試験対策講座なら、独学よりも短期に合格ラインに到達できます。

そのような技術士ですが、実際にどのような領域で活躍できるのか? また、具体的な仕事内容はどのようなものなのか? この記事ではそのような疑問に対して紹介しています。資格取得を考えている方は是非とも参考にしてみてください。

1.技術士とは?

技術士は日本の資格の中でも最高峰の資格の一つで、高度な専門的応用能力をもつエンジニアに与えられる称号です。技術士は、科学技術に関する計画、研究、設計、分析、試験、評価とそれらを指導できることを国に認められた専門家と言えます。いわば、専門技術の知識と応用力を備えた人物に与えられる資格です。技術士試験とは、簡単に言ってしまえば理系の専門分野におけるスペシャリストのための試験です。 

しかし、科学技術は広く、深いものですから、技術士といえども何でもこなせるというわけではありません。ですから、技術士資格は、建設部門、上下水道部門、機械部門、環境部門のように21部門に分かれています。もっとも受験者数が多いのは、建設部門です。

技術士試験で、とくに試される能力は、問題解決能力と課題遂行能力です。技術士にふさわしい人とは、つまりはコンサルティングができる人です。このようなスキルをもった人物は、業務の課題を見つけ出すことができます。そして、その課題のやり遂げるために、創意工夫ができます。

重要なのは、日々の現場での繰り返される業務の技術力や経験の長さというよりも、誰もが避けたがる難問に果敢に取り組み、論理的に解決したり、効果的な対応を指示することができる能力と言えます。 

2.技術士の仕事内容

技術士の仕事とは、どのようなものでしょうか。「士」や「師」がつく他の職業を見てみましょう。弁護士、税理士、医師、看護師などとすぐにイメージがつきますね。一方で、技術士は具体的にどのような仕事をしているのかと言われると意外とひとつに絞り込むことはできません。 

それは、技術士の業務が多岐にわたるためです。多くの技術士は、国や地方自治体、企業に所属して、インフラ整備等の業務をしています。また、開業している技術士は、公共事業の事前調査や中小企業に対する技術指導などをしています。 

ここでは、技術士の資格の活かし方についていくつか紹介していきます。

建設コンサルタント

建設部門の技術士に多いのは建設コンサルタントとして活躍するパターンです。大手のゼネコンに勤務していた技術者が、技術士の資格を活かして、独立するというキャリアパスです。 

建設コンサルタントの仕事は、主に公共事業全体の調査や計画、管理、評価、設計などです。基本的には河川などの公共工事の全体計画を組むことが多く、現場に行くことはそこまで多くありません。 

公共インフラの根幹に携わることになりますから、その影響が及ぶ範囲はたいへん広くなります。地球規模で、数億・数千人単位の人たちと関わって行く、たいへん責任のある立場になります。

設計技術者

設計業務に深く携わる技術士もいます。技術士として設計業務を中心に様々な案件に係るケースがあります。しかし、一般住宅などを扱う技術士よりも、土木設計を扱う技術士のほうが多いのが特徴です。プロジェクトも長期間に渡ることも多く、大変な一面もあります。 

3.技術士の仕事内容の魅力と大変な面

ここまでは技術士の仕事内容について紹介してきましたが、ここからは仕事の具体的な魅力と大変な面について紹介していきます。

技術士の仕事の魅力

技術士は実務経験が必要な分、資格の中でも入手難易度はかなり高めですが、非常に魅力に溢れている資格ですので、ここではその魅力について紹介していきます。

官公庁からの大きな仕事ができる

技術士の仕事は、国土交通省や農林水産業など官公庁が絡む案件が多い傾向があります。とくに、国土交通省の事業では、技術士の資格を入札要件とされることも多く、「技術士を取得してようやく一人前」と考える企業もあるくらいです。 

主には道路工事、河川工事などの大掛かりなプロジェクトには、技術士が計画段階から関わることが多くあります。ヒアリングをした後に工事計画を策定し、設計し実際の施工管理者に引き渡し、検証するところまでが仕事です。

必ずしも現場に通い詰めるわけではありませんが、技術士は、プロジェクト進行の要所要所に関与しています。計画や設計、分析の段階で躓けば、プロジェクト全体の進行も遅くなってしいます。そのような責任重大な仕事なのですが、官公庁相手に仕事ができるのは非常に大きな魅力と言ってもいいでしょう。

経験次第で転職も容易

技術士も他の建設系の資格と同様に、実務経験が求められる職業です。コンサルタントとして独立したあとにも、最終的には、豊富な経験と専門的学識による発言が、相手を納得させる強力な武器になります。そして、その土台のうえに、コンサルタントとしての輝かしい結果を築くことができるのです。 

プロジェクトの成功という結果は、実務経験と技術士試験に裏付けられたエンジニアとしての能力からもたらされます。正しい方法で訓練を積めば、転職もそれほど難しくありません。なぜなら、科学技術分野において、解決困難な問題に粘り強く取り組み、結果が残せる人材は圧倒的に不足しているからです。 

独立も可能

技術士は、科学技術に関する能力を持った個人に与えられる称号です。それゆえ、組織から距離をおき、独立開業もできる資格の一つです。実際に、コンサルタント事務所で働いたり、自分の会社を設立するという人も多いです。技術士はそれだけ建設業や製造業をはじめとする技術領域に強いスペシャリストと言えます。 

技術士の仕事の大変な面

ここでは技術士の大変な面を紹介していきます。これから取得しようと考えている方は是非とも参考にしてみてください。 

業務の幅がかなり広い

科学技術は日進月歩で進みます。そして、複雑に、かつ高度になっていきます。ですから、技術士は日々、研鑽に努めなければなりません。つまり、関わる業務の幅がかなり広いため、うまくやり遂げることが非常に大変です。ざっくり言ってしまえば、公共工事などの川上から川下まで見渡して、予見されるリスクを未然に抑え込む必要があるのですから、現場で作業だけをしている技術者の何倍もたいへんです。

技術士は、計画、研究、設計、分析、試験、評価とそれらの指導ができる人ですから、おのずとデスクワークの割合が増えてきます。専門的学識を必要とする書類や、創意工夫をあらわさねばならない書類など、文章を作成する仕事だけでもかなりハードです。また、利害関係の調整を要する業務なども多く、立場によっては、関係する人数が多くなります。そして、節目節目では、当然に報告義務も求められます。 

1つのプロジェクトもかつては、1週間で終わっていたものが、数か月から数年にわたる長期間のプロジェクトを担当するようになります。そのため、一連の業務が滞りなく進行できるように関係者と協力することが必要となります。このような見えない配慮も含めて、様々なやることが重なり非常に忙しい傾向にあります。 

資格取得難易度が非常に高い

技術士試験が難関とされる理由は、合格までにいくつかもハードルを越える必要があるためです。まず、1次試験で基礎科目、適性科目、専門科目のそれぞれで合格ラインをクリアする必要があります。そして、はじめて2次試験にチャレンジできるのですが、ここでも、必須科目Ⅰ、選択科目Ⅱ、選択科目Ⅲといった筆記試験にクリアすることが求められます。そのうえで、20分間の口頭試験での受け答えをやりとげ初めて技術士になれます。

合格率は、例年約10%で、2018年度の二次試験の合格率は6%台と大きく難易度が上昇しました。 

このような合格率ですから、1回目のチャレンジで合格できる受験生は多くありません。独学では、本気で勉強しても受かるかどうかといったレベルで難しい試験なのです。効率よく合格できる人の多くは、相性の良い指導者に添削指導を受けたり、受験対策会社の講座を利用しているようです。

関わる規模、人員が非常に大きい

技術士の仕事と相手は多岐にわたります。そのなかでも官公庁が多いといった特徴があります。そのため、例えば建設事業であれば、1つのプロジェクトにかかる費用も大きく、関係者数も学識経験者や地元NPOなどを含み、相当な数にのぼります。ときに、小さなマンションを建設する時をはるかにしのぐ規模になります。

それゆえ、技術士は大きな責任を伴い、プレッシャーを感じることもあるでしょう。逆に、それがエンジニアのプライドにつながることもあるようです。

4.技術士の仕事内容と年収の関係性

技術士は専門的な資格ですが、年収はどの程度なのでしょうか?ここでは技術士と年収の関係性について紹介します。 

技術士の年収としては500万~1,000万円程度が相場と言われています。企業に所属している技術士には、資格手当がつくことも多いようです。

資格の取得難易度を考えるともっと高くてもいいと私は思いますが、概ねこの範囲に収まっているようです。また、経験や独立をした場合には、その変動幅は大きくなります。 

5.技術士の仕事に向いている・向いていないを判断するポイント

ここでは技術士に向いている方、向いていない方を大まかに説明します。

向いている人の特徴と判断ポイント

専門分野のコンサルタントとして独立を目指す方が向いている人です。また、企業で解決困難な課題に取り組むことを楽しめる人が向いています。

そのほか、意外なところで、発注者側の公務員にもおすすめする資格です。なぜなら、公務員技術士が作成した仕様書は、技術の勘所をよく捉えているため、その結果、公益性の高い業務になることが期待できるためです。 

向いていない人の特徴と判断ポイント

解決困難な課題に直面したときに、強いストレスを感じてしまう人や、上司から指示されたことを淡々と進めるのが好きな人には向いていません。 

6.まとめ

技術士は建設系の資格で最高難易度を誇る資格で、年々難しさも増していっています。だからこそ、取得した場合には、その高い技術力を武器にさまざまな活躍の場があります。

専門分野のスペシャリストとして活躍したい方は、是非とも取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?SATの技術士2次試験対策講座なら、短期間に合格ラインに到達できます。是非一度ご検討ください。

取りたい資格・知りたいことをお選びください