建設業法とはどんな法律?それに関する資格には何があるの!?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「建築業法」とは、建築業を営む者の資質の向上を図り、建設業の健全な発達を促すためのものです。
つまり、手抜き工事や中抜き工事を行わないようにするための法律、といえるでしょう。
この法律の中には、建設現場に専任しておかなければならない資格についても触れられています。
そこで、今回は建設業法とそれに関連する資格についてご紹介しましょう。