建設機械施工技士の試験とはどんなもの?試験内容や合格率は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建築業に従事していると、特定の資格を取得していないと責任者になれなかったり工事自体が行えなかったりすることを実感する方も多いでしょう。建築業に従事する際に取得しておくと有利な資格はたくさんありますが、今回は建設機械施工技士を取得するメリットや試験の難易度などをご紹介します。建設業、特に重機を使って仕事をする機会が多い方は、取得しておいて損はないでしょう。また、ほかの施工技士の資格についてもご紹介します。建築関係の仕事に従事している方は必見ですよ。

  1. 建設機械施工技士とはどんな資格?
  2. 建設機械施工技士の種類
  3. 建設機械施工技士の受験資格や難易度・合格率は?
  4. 建設機械施工技士の受験勉強方法
  5. おわりに

1.建設機械施工技士とはどんな資格?

建設機械施工技士とは、各種建築機械を用いた施工を指導、監督したり主任技術者として施工管理できたりする資格です。皆様がご存じのように、建築現場では大型なものから小型なものまでたくさんの機械が使われています。一例をあげるだけでも、ブルドーザー・油圧ショベル・ロードローラーなどがさまざまです。これらの建設機械を単に運転するだけならば、指定された教習所で運転技能講習を受ければよいでしょう。建設機械施工技士は、これらを使った施工工事の責任者になれるのです。ですから、建築業にたずさわっている方は取得をしておいて損はありません。

また、施工管理技士の中では最も歴史が古く、資格取得者も多いのです。職場で取得が奨励されている場合は、資格を取得した場合手当てがつくこともあるでしょう。

12