【必読】建設機械施工技士の資格を取る! 試験や講習会の内容を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設機械施工技士は、建設機械施工に必要な各種機器の取り扱いだけでなく、安全な工事進行のために必要な資格です。資格取得には多くのメリットがあり、仕事の幅も広がるため、建設業界で活躍したい人はぜひ取得を目指しましょう。今回は、建設機械施工技士の資格について、講習会の内容を含め詳しく解説します。

  1. 建設機械施工技士の基礎知識を学ぼう
  2. 建設機械施工技士の資格について
  3. 建設機械施工技士の講習について
  4. 建設機械施工技士の勉強法について
  5. 建設機械施工技士の資格や講習に関するよくある質問

この記事を読むことで、建設機械施工技士に関する理解が深まり、試験に向けて万全の準備ができます。絶対に合格するために役立つ情報が満載ですから、ぜひ読んでみてください。


1.建設機械施工技士の基礎知識を学ぼう

最初に、建設機械施工技士の基礎知識を解説します。準拠する法律や資格の種類・分類などを理解しましょう。

1-1.建設機械施工技士とは

建設機械施工技士は、建設工事における機械化施工に従事する者の技術向上を目指して作られた資格です。国土交通省が管轄しています。建設工事を計画どおりかつ安全に行うためには、正しい知識と経験を持った人物が必要です。そのため、建設機械施工技士が重要な役割を持っています。2級は1960年から、1級は1962年から認定しており、歴史のある資格です。

1-2.建設機械施工技士が準拠する法律

建設機械施工技士は、建設業法第27条に準拠しています。建設機械施工技士は、施工技術の向上を図るためできた資格です。建設工事現場においては、ケガや事故のリスクが高いため、安全かつ確実に建設機械の操作および指示ができる人材を確保するべく、法律によって定められています。

1-3.建設機械施工技士の種類や分類について

建築機械施工管理技士には1級と2級があり、2級は、以下の6つの区分に分類されます。2級取得者は合格した区分の機械だけを取り扱うことが可能です。

  • 第1種 : トラクター系建設機械操作施工法(ブルドーザー)
  • 第2種 : ショベル系建設機械操作施工法(油圧ショベル)
  • 第3種 : モータ・グレーダ操作施工法(モータ・グレーダ)
  • 第4種 :締固め建設機械操作施工法(ロード・ローラ)
  • 第5種 :舗装用建設機械操作施工法(アスファルトフィニッシャ)
  • 第6種 :基礎工事用建設機械操作施工法(アースオーガー)

1-4.建設機械施工技士の職務とは

建設機械施工技士の主な職務は、建設機械に対する正しい知識を身に付け、安全・確実に操作することです。工事における建設機械の使用計画を立て、スムーズに作業を進めるための指示や監督も大切な職務といえます。建設機械に関する深い専門知識を持ったエキスパートとして、現場作業員を統率し、工事を成功に導くため真面目に仕事に当たることを求められるのです。

1-5.建設機械施工技士の目的や必要性について

建設工事現場では、多くの作業員が働いています。建設機械の取り扱いを間違えると、大きな事故になる可能性もあるのです。建設機械施工技士は、建設機械に関する正しい知識と操作技術を身に付けることで、工事を計画どおりに進めるために存在します。また、建設機械施工技士は工事計画を安全に進めるだけでなく、現場に適切な指示を与え、工事品質を高めるためにも必要なのです。