建設機械を扱える資格を紹介! 1級建築機械施工技士の必要性は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設機械とは、ブルドーザーやクレーン・ショベルカーなど建設工事に必要な機械の総称です。建設機械を扱うことができるようになれば仕事の幅も広がりますし、昇給ものぞめるでしょう。建設機械を取り扱う方を建設機械オペレーターと言い、建設機械オペレーターを指導・監督することができる資格が建設機械施工技士です。

今回は、建設機械オペレーターになる方法や建設機械施工技士の資格取得の方法をご紹介します。

  1. 建設機械とは?
  2. 建設機械を取り扱うには?
  3. 建設機械施工技士の資格を取得する方法
  4. 試験対策について
  5. 建設機械の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、建設機械オペレーターになるメリットや、建設機械施工技士の仕事がよく分かるでしょう。建設機械施工技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.建設機械とは?

建設機械とは、前述したように建設工事の現場で使われる機械の総称です。ショベルカーやクレーン車・ブルドーザーなど車両タイプのものが多いのですが、港や工場で使われる据え置きタイプのクレーンのように、動かせないものもあります。1t未満の小型のものから数百tを超えるものまで、サイズもさまざまです。

建設機械を自分の手足のように扱えるベテランオペレーターは、いろいろな建設現場で重宝されるでしょう。人によっては、自営業として独立をし、作業現場を渡り歩く方もいます。