建築施工管理技士

建築施工管理技士は転職で有利になる?転職事情とキャリアの広げ方を徹底解説

44人の方が、この記事を参考にしています。

建築施工管理を行う場合、現場の所長だけでなく会社からも1級の資格を取得するように促されます。また、建築施工管理技士の1級を取得した場合であっても、建築業界の中ではキャリアはそこからスタートといえるものという認識になっています。

では、実際に建築施工管理技士を食することによって、色は牛になるのでしょうか。この記事では、建築施工管理技士の転職事情や実際の転職先などを参照しつつ、転職事情について解説していきます。 

1.建築施工管理技士を取得すると、どのような仕事に就けるのか?

建築施工管理技士を取得した場合、実際には施工管理だけでなく、他の業種に就くことも可能となります。また、資格を保有していることによって、別の業界でも評価されます。では、建築施工管理技士を取得した際の選択肢について詳しくみてみましょう。 

1−1.独立行政法人

建築業界にも様々な独立行政法人があります。また、場合によっては10年以上の経験を必要とする業種もあるものの、地方の企業などと比べても給料や待遇は優れているといえます。

また、完成した建物の監査や事務といった分野の業種につくことも可能です。年収は500万円前後が多い状況です。

1−2.建築設計

1級建築施工管理技士を取得した場合、学習を重ねることによって建築士を取得することも可能です。建築士と施工管理技士の業務は異なるものの、建物に関する知識は重なる部分があります。

そのうえで、建築士を取得した場合、施工管理ではなく設計士として活躍することも不可能ではありません。年収は450万円ほどが平均値です。

1−3.建築関係の営業

住宅メーカーなどでは施工管理技士を保有していながら、営業を行っている人々もいます。施工管理技士を取得しているという安心感だけでなく、知識としても顧客に対応できるものを保有しているため信頼につながっています。

転職する側として、営業の場合は営業成績に左右されるため、施工管理以上の待遇を目指すことも可能です。年収に関しては、400万円以上が多くなっています。

2.建築施工管理技士を取得した人の転職事情

建築施工管理技士を取得した場合、建築に関する施工管理のスペシャリストだと認識されることになります。そのうえで、資格取得者は必ずしも一生涯建築施工管理技士を続けるわけではありません。そういった事情もふまえたうえで、転職事情についてみていきましょう。

2−1.現場経験があれば、違う業界でも有利となることがある

建築施工管理は、企業によって請け負う工事の大きさが異なるものの、建設業界だけでなく不動産業界などにも有効な経験として評価されます。加えていえば、住宅などであれば建築施工管理の知識を駆使して営業などの別分野の仕事に役立てることも可能です。そのため、建築施工管理の経験は違う業界に行っても活かせる経験だといえます。 

2−2.業界でも分野が異なれば待遇も異なる

建築施工管理が役立つ業界は、建設業界のみではありません。不動産業界や施工管理ではなく建物の評価などといった分野にも役立てることが可能です。そのため、資格の保有者であれば、転職の幅は非常に広く、自分のライフスタイルに合わせて転職を行うことも可能です。

特に待遇に関しては、選択する会社と業界によって大きく異なる点から、転職者は非常に多いといえます。

2−3.コミュニケーション能力は他分野でも活きる

建築施工管理は、あらゆる施工監理の中でも多くの業者と関わる機会が多い職種です。特に大規模な工事となった場合、数百人単位の作業者を統率しながら、他の業者に対してもリードしていく必要があります。そうした経験は転職でも有利になるといえるでしょう。工事のリーダーとして活躍した経験が長ければ長いほど評価の対象となりやすいといえます。

誰でも取得できる資格ではないため、ニーズが常にある。そのため、転職するにあたって何が見られているのか明確に記載する。

3.建築施工管理技士保有者が転職市場で人気な理由はなに?

建築施工管理技士の資格保有者は市場で高い人気を誇っています。ここでは、なぜ資格保有者の人気が高いのか見ていきましょう。 

3−1.1級と2級、どちらも資格保有者が居ない

建築施工管理技士は、どのような学科を出たとしても試験を受験するためには実務経験が必要な資格です。そのうえで、建設業独特の体制も相まって、若年層の労働者や資格保有者が万年不足しています。そのため、転職市場においても非常に人気が高い状況です。

3−2.1級であれば会社の審査にも大きな影響がある

建築施工管理技士1級の取得者を、企業内部に在籍している場合、公共工事などにおける会社の審査に点数が加点されます。1級の取得者が工事に関わるというだけで、5点もの点数が加算されることになります。

また、大規模な工事になるほど担当者が工事を兼任することが難しくなるため、資格の保有者を欲しています。

3−3.1級の場合、どのような建築工事でも任せられる

建築施工管理士は、1級と2級で扱える工事の規模が異なります。1級の資格取得者には、制限がないものの2級の取得者では、元請工事における下請負金額4,000万円(建築一式工事の場合は6,000万円)未満までの工事しか扱うことができません。

一般的な戸建でも4,000万円を超すパターンはあり得ることから、1級の取得者が企業に多数存在していなければ請け負うことが不可能という事態になりかねません。

4.建築施工管理技士の資格を活かして有利に転職を進める方法

建築施工管理技士を有効に活用した場合、転職活動をうまく進めることが可能です。ここでは、その方法をみていきましょう。

 4−1.実務経験を重ねる意識を持つ

建築施工管理技士は1級・2級の資格保有者であることに加え、実務経験があれば転職においても評価されます。特に、1級の資格取得後では大規模な工事の責任者となることが可能です。そのため、資格保有者としてどのような経験を重ねたのかが転職の際には非常に重要となります。

4−2.出来る限り関連資格を取得する

建築施工管理の仕事から転職を行う場合、建築士なども選択肢に入ってきます。施工管理を行う場合には、直接関係がない資格であっても取得することによって仕事の幅が広がります。

加えていえば、建築施工管理でも取り扱うサッシなどの施工責任者となることも可能です。そのため、所属する会社に報告をしなかったとしても任意で取得できる資格は転職の際には非常に重要な評価となります。 

5.建築施工管理技士の有資格者が転職で使うべきサービス

転職を行う際には、有効なツールやサイトを使用することによってより自分にあった転職先を見つけることが可能となります。ここでは、建築施工管理技士の資格保有者にオススメのサービスについて焦点を当てていきましょう。

5−1.オススメの転職エージェント・人材紹介を利用する

マイナビ転職エージェント・リクルートエージェントなどの大手も求人はありますが、担当者が現場をあまり理解していないので、あなたに最適な求人を提案できるかどうかは不明です。なので建築施工管理技士は専門性が高く特殊な職種なので、転職時も専門の転職エージェントを利用するといいでしょう。

建設・設備求人データベースならば、建築施工管理技士の求人が業界NO.1のため業界にも詳しく、適切な求人を探してくれます。

5−2.オススメの転職サイトを活用する

エージェント同様に転職サイトも専門ものを使うことで、総合型にはない条件の求人を数多く見つけることができます。

施工管理転職ナビがそれになりますので、ぜひ活用してみましょう。

6.まとめ

建築施工管理技士を取得し経験を重ねた場合、転職には非常に有利といえます。また、建築施工管理技士以外の資格を取得した場合、設計士などに転職することも不可能ではありません。2級でも評価の対象となるものの、他の業種に転職を目指す場合は1級施工管理技士の取得から目指すことをおススメします。

取りたい資格・知りたいことをお選びください