建築施工管理技士

実際はどうなの?建築施工管理技士の仕事内容や魅力を徹底解説!

74人の方が、この記事を参考にしています。

建築施工管理技士は、1級・2級ともに建築に関する工事の管理を専門に行う職業です。また、建築施工管理技士はやりがいのある仕事としてメジャーであるものの、実務に対してマイナスのイメージがつきまとう場合も多いといえます。

では、建築施工管理技士はどのような仕事を行っており、責任の大きさに伴う魅力や大変な面はどのような点なのでしょうか。ここでは、建築施工管理技士の仕事内容について焦点を当てていきます。

1.建築施工管理技士の仕事内容

ここでは、建築施工管理技士の仕事内容の詳細に触れていきます。商業・公共施設、住宅などあらゆる建物に対する施工管理がメインとなるものの、各社との調整・スケジュール調整なども必要です。そのため、建築施工管理は人間性や責任感、管理能力を問われる業務といえます。

1−1.住宅、商業施設などの建物全ての工事を管理する

企業によって取り扱う施設や建物は異なるものの、建築施工管理は建物であればすべて業務の対象となります。そのため、長く自分が関わった建物が残り続けることも多く、住宅や公共施設、工場など人々の拠点を作り上げるといった達成感を得られます。 

1−2.施工計画から竣工までコントロール

建物を作る前には、施工計画が必要です。計画通りに工事を進めるため、業者の選定、必要な部材の選定など工事が始まる前に一定の準備をしなければなりません。

これは他の施工管理でも同じであるものの、建物に関する施工計画は建物の基盤、外観、施工内容全てに大きな影響を与えるため、非常に慎重に工事を進める必要があります。場合によっては設計変更となるケースもあります。

1−3.他業者とのコミュニケーション

建物に関連する工事は、電気・菅管工事業者と非常に密接に関わっており、建物の内部の配管や電線・電気回路などは建物施工管理とは別の分野です。

そのうえで、それぞれの業者と連携を取りながら工事を進めるだけでなく、建築に関わる業者の安全管理・工程管理が必要です。

2.建築施工管理技士の仕事内容の魅力と大変な面

建築施工管理技士は非常に幅広く、能力だけでなく人間性が問われる業務です。そのため、魅力だけでなく大変な面も存在していることに触れていきます。

2−1.建築施工管理技士の仕事の魅力

建築施工管理技士は、建築に関する施工管理を通して自分のキャリアアップを考えられる仕事だといえます。また、社会貢献にもつながり、資格の取得によって転職やキャリアアップとなる場合も多い職業です。 

2−1−1.建物に関して数十年単位で残る工事に関われる

建物に関する工事は、住宅や公共施設などの建物の種類によって携わる期間は異なります。しかし、自分が業務を行いながら、関わった建物が数十年単位で地図に残ることが大きな達成感につながります。そのため、大変な仕事であってもやりがいを感じている方が多いといえるでしょう。 

2−1−2.工事を通して社会貢献ができる

建物は、人々のライフスタイルを守るために作られることがあります。例えば、災害によって今まで住んだ住宅が失われた場合には、建築施工管理の業務を通して人々の拠点を作り上げることは社会貢献だといえます。

2−1−3.需要があり資格取得によって給料があがる

建築施工管理技士は常に需要があります。住宅だけでなく、あらゆる建物を建てる際に資格が必要であるためです。また、資格の取得によって給料があがるだけでなく、建築士などの資格を目指すといったキャリアチェンジも考えられるようになるでしょう。

2−2.建築施工管理技士の仕事の大変な面

建築施工管理技士の業務は、非常にやりがいのある業務です。多面的な能力が必要とされる面もあるため、大変な面も目立ちます。建築施工管理技士の大変な面についてみていきましょう。

2−2−1.残業が多い

建築施工管理技士は、建物に関する管理を行う仕事です。そのため、建築に関する業務が遅れている場合などは、他の施工管理者にも迷惑がかかります。

そのため、残業が発生しがちな面も多く、工期が遅れた場合にはそれなりのペナルティをうけることになるため、自分の時間よりも工期を優先にしなければなりません。

2−2−2.人間関係に悩みがち

人間には相性があります。しかし、建築施工管理技士はあらゆる施工管理者の中でも関わる人間が多く、コミュニケーションに悩むことも多いでしょう。

施工管理を行う中では、場合によっては数年単位でずっと同じ人と関わり続けなければならないため、人間関係を理由に転職・退職する方も。

2−2−3.資格取得までに時間が掛かる

建築施工管理技士の資格を取得しようとした場合、実務経験が必要です。2級から取得するとしても最短で1年半以上の実務経験が必要であることに加えて、上記のような環境をうまくコントロールしていかなければ資格の取得は難しいとていえるでしょう。 

3.建築施工管理技士の仕事内容と年収の関係性

建築施工管理技士の仕事内容は、実際には1級でも2級でも大きく変わりません。扱える工事の範囲が異なるものの、資材の購入やコミュニケーション・他の業者や工事関係者との折衝などの管理能力の高さは人によるためです。

3−1.建築施工管理技士の一般的な年収

施工管理技士の資格を有している方の年収の平均は、400万円から500万円ほどです。手当の額や社内での役職・立ち位置によっても年収は異なるものの、主な業務が施工管理であるため、企業によっては上限がすでに見えているというパターンも多いといえるでしょう。

3−2.同じ仕事でも有資格者と無資格者でどれくらい年収が変わるのか

会社での役職・立ち位置を考慮しなくても、有資格者と無資格者では年収に大きな差が生じます。例えば、1級の資格手当が月に3万円だとしたら年間で30万円以上異なり、現場の代表となった場合、残業代を現場の利益から裁量で決められるといった権限がある企業も存在しています。

そのため、無資格者と有資格者では年収の差は数十万円以上といえるでしょう。 

4.建築施工管理技士の仕事に向いている・向いていないを判断するポイント

建築施工管理技士の仕事内容は誰でも可能なものではありません。向き・不向きに加えて、人間性・判断力・管理能力などの複合的な面が問われるためです。そのうえで、ここでは建築施工管理技士に向いている性格や能力の傾向についてふれていきます。

4−1.判断ポイントと向いている人の特徴

建築施工管理技士に向いているかどうかを判断するポイントは

  • 細かい点に気がつくか
  • 人に対して上手くコミュニケーションを取れるか
  • メンタルが強い
  • リーダーシップがある
  • コミュニケーション能力がある
  • 学習能力が高く、日々の教えを自分の力にできる人

などは建築施工管理技士に向いているといえるでしょう。

4−2.判断ポイントと向いていない人の特徴

施工管理技士に向いていないと判断するポイントは、メンタルの強さです。メンタルが弱ければ、コミュニケーションを取る事も難しく、上司や現場の作業者に上手く指示ができないといった悪循環につながります。 

また、資格取得にも実務経験が必要であるものの、資格の取得によって業務の内容が大きく変わるわけではありません。そのため、仕事にやりがいを感じられない場合などは建築施工管理を仕事として継続するのは難しいといえるでしょう。

5.まとめ

建築施工管理の仕事内容は、建物に関する総合管理です。資材・人材・工程など、多くの時間と人とお金を駆使して完成まで建物を竣工まで導く業務といえます。

そして、建築施工管理技士の資格の有無によって年収が大きく異なる点や向き・不向きをふまえたうえで建築施工管理技士の業務を行っていきましょう。

 

 

取りたい資格・知りたいことをお選びください