工事現場の安全対策はどのように行う? 安全管理を担う役職とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

工事現場とは、建築物を作ったり解体したりする現場のことです。重機などを多数使用する大規模な現場ほど、労働災害が起こる可能性も高くなるでしょう。そのため、工事現場の安全対策は数ある職場の中でも、特に入念に行われているのです。安全対策がしっかりと行われている職場ほど、従業員にとって働きやすい職場といえるでしょう。しかし、自分が働いている職場の安全対策がきちんと行われているか、よく分からないという方もいると思います。

そこで、今回は工事現場における安全管理の重要性や安全対策の内容について、解説しましょう。

  1. 工事現場とはどんな場所?
  2. 工事現場の安全対策について
  3. 工事現場の安全対策の行い方
  4. 工事現場の安全管理に対するよくある質問

この記事を読めば、安全対策の重要性もよく分かりますよ。職場で安全管理を担う職務に就いている方も、ぜひ読んでみてくださいね。