金属が腐食するメカニズムと原因は?防止方法とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

金属の腐食は、とてもありふれた現象です。
ほとんどの金属が放っておけば腐食するでしょう。
しかし、その種類とメカニズムについてはあまり知られていないことも多いです。
そこで、今回は金属腐食の種類やメカニズムについてご紹介しましょう。
種類やメカニズムが分かれば、腐食の防止方法も分かります。
特に、野外で金属を扱う仕事に就いている方などは金属の腐食の種類やメカニズムを知っていて損はないでしょう。
ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

  1. 金属が腐食するとはどういうこと?
  2. 金属が腐食するメカニズムとは?
  3. 腐食の原因には何があるの?
  4. 腐食の種類とは?
  5. 腐食を防ぐ方法とは?
  6. おわりに

1.金属が腐食するとはどういうこと?

腐食とは、化学や生物的な作用により、物体の外見や機能が損なわれる状態のことをさします。
一番イメージしやすいのが、食べ物の腐食ですね。
食べ物が腐ると見た目がいちじるしく変化して、食べられなくなります。
金属の腐食も基本的に食べ物の腐食と起こることは同じです。
鉄を雨ざらしにしているとさびます。
このさびも腐食の一種です。
つまり、金属の腐食とは、金属がおかれた環境によって金属の表面に化学反応が起きて見た目や機能が損なわれるということになります。
ちなみに、鉄がさびると強度が格段に落ちて、素手で壊せるぐらいボロボロになるでしょう。
つまり、機能が損なわれるということです。