丸ボイラーってどんなボイラーなの?構造や仕組みをわかりやすく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーという名前を聞いたことがある方は多いでしょう。液体がboilする(沸騰する)、つまり水蒸気や温水をつくる機器のことです。でも、詳しいこととなると、よくわかりませんよね。ボイラーは、私たちの暮らしになくてはならない存在です。ここでは、ボイラーの種類の1つである丸ボイラーの構造や種類を中心に紹介します。

  1. ボイラーとは
  2. 丸ボイラーの仕組み・構造
  3. 丸ボイラーの種類
  4. ボイラー技士
  5. まとめ

1.ボイラーとは

ボイラーとは、燃料を燃やして水蒸気や温水をつくる熱交換装置をもった熱源機器のことをいいます。水蒸気をつくるボイラーは蒸気ボイラー、温水をつくるボイラーは温水ボイラーです。
普段、私たちがボイラーを目にする機会はほとんどありません。でも、工場やオフィスビル、地域冷暖房などになくてはならない機器です。私たちの暮らしを支える縁の下の力持ちといった存在といえるでしょう。
ボイラーの定義は、次の3つの当てはまるものとされています。

  • 火気、高温ガスまたは電気を熱源とするもの
  • 水または熱媒(ねつばい=熱を伝える仲介物質)を加熱して、蒸気または温水をつくる装置であること
  • 蒸気または温水をほかに供給する装置であること

ボイラーは、規模によってボイラー(大規模なボイラー)、小型ボイラー、簡易ボイラーの3つに分類されます。
また、構造の違いでいくつか種類も。代表的なボイラーの1つが、今回紹介する丸ボイラーです。

12