TOP > 第三種電気主任技術者パーフェクト講座 > インタビュー

2度目の受験で電験三種に合格
最初の失敗で痛感した〇〇の難しさ

「勉強する時間が足りない!」と思っていたのは間違いでした。

そう語るのは、施設管理会社に勤める高橋大樹さん。

昨年、合格率8%前後と言われる国家資格「第三種電気主任技術者」に合格したものの、最初の受験では残念な結果に終わっていたとのこと。

1度目の失敗から学んだ本当の難しさ、そして合格に繋げた方法とは何だったのでしょうか。

ー第三種電気主任技術者を取得しようと思ったきっかけは何ですか?
設備管理の仕事で必要になったためです。

必須資格ではなかったので元々、現場で施設や設備の管理業務を行っていましたが、今後のためにと上司から資格取得をすすめられました。

まだ受験日まで余裕があったので、その年の9月に「電験三種」の試験を受けましたが、不合格という結果でした。
ーその後、2度目の受験で合格されたのですね。

イメージ

そうですね。

自分で言うのもなんですが、学生時代は試験勉強で結果を出せたタイプだったので、最初は市販のテキストを購入し独学で挑んだんです。

ですが試験当日も手ごたえはなく「これはダメだな」というのが正直な感想でした。

この失敗をきちんと見つめ直し、翌年リベンジした受験で無事、合格することができました。
ー具体的に最初の失敗から見つめ直したこととは?
一番強く感じたのは、学生の頃と違って「まとまった時間がとれない難しさ」です。

特に電験三種は難しい用語が多くて、一通りの基礎を押さえるのも一苦労。

さらに、試験範囲はボリュームがあるのに、実際の試験では過去問とは違う切り口の問題がたくさん出題されていて…。

基礎部分の習得と最新の傾向や対策を掴むのに、独学での限界を感じました。
ー独学をやめて、選んだ対策とは?

イメージ

最初はスクールに通うのも検討したのですが、日々の業務との両立が困難で、種類も豊富な通信教育に絞って調べていきました。

安い料金の教材は内容や質に不安が残るし、かといって高価な講座はお財布的に厳しい。

いざ調べてみると教材選びも結構、難しいんですよね。

とは言え、出費にこだわった結果、また受験に落ちてしまったらそれこそ“もったいない”話ですし…。

そんな時、高画質な動画でスキマ時間に勉強できたり、最新内容を考慮した改訂も行われるSATさんの「第三種電気主任技術者パーフェクト講座」を知りました。
ーその教材に関心を持ったきっかけとは?
電験三種の通信講座をたくさん調べていたので確かに、もっと値段の手頃な教材もあったのは事実です。

ですがSATさんは教材動画のサンプルを閲覧したら、ググッと一気に引き寄せられて!

ただ暗記するだけの教え方ではなく、わかりやすい説明で納得しながら理解できる内容で、これなら応用問題も柔軟に対応できる力が身につきそうだと感じました。
ー教材選びの決め手は何でしたか?

イメージ

アフターフォローや30日間の返金保証、1年間の長期破損保証といったサービスも用意されていたのもポイントとなって。

1度失敗経験があったからこそ、安心できる品質と信頼度が決め手となり、E-ラーニング+DVD講座一括セットを申し込みました。
ー独学と教材の活用で、一番の違いは何でしたか?
きちんとした教材を活用しての勉強は効率よく知識を吸収していけるので、独学との圧倒的な違いを実感しました。

SATさんから届けられたテキストを見て驚いたのは、その薄さです。

別途、DVDや音声ファイルなどもありましたが、テキストは非常に薄く「これで大丈夫なのか!?」と心配になってしまうくらい。

ですが実際に読み進めていくと、最新の傾向と対策に基づいてポイントや覚えるべき部分が厳選されていたので、納得できました。
ー実際に教材を使ってみて、どうでしたか?

イメージ

1回目の受験ではまとまった時間が取れずに、覚えきれない部分が残ってしまいましたが、今回は通勤途中やお昼休みなどスキマ時間でも、しっかり勉強できましたし。

テキストやDVDも良かったですが個人的には、移動中でもサッと勉強できるスマホでの学習機能がとても気に入りました。

これなら繰り返し学習もしやすいし、試験まで半年という期間ではありましたが、働きながらでもしっかり基礎から応用まで身に付けられました。
ー最初の受験では不安が残っていましたが、今回はどう
でしたか?
受験時では自信をもって回答できたのが多く、「これは合格できそう」という手ごたえも十分ありました。

合格を知った時は嬉しく思いましたが、努力した結果を出せたという気持ちが強かったです。
ー最後に、これから「第三種電気主任技術者」を受験される方へアドバイスをお願いします。
僕の場合、1度受験に落ちてしまっているので、偉そうなことは言えません。

事実、第三種電気主任技術者は合格率も低く、難易度の高い国家資格です。

また試験は暗記するだけではなく、基礎からしっかり知識を身につけていく正攻法が大事。

ですが、年に一度の試験なので、いかに効率よく勉強をしていくのかが重要だと感じました。

働きながら資格取得を目指したいと思っている方は、効率よい時間活用や勉強方法を意識してみるのをおすすめします。
ー今回はお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございました!

高橋さんを合格に導いた「電験三種パーフェクト講座」についてはこちら

Copyright © 第三種電気主任技術者パーフェクト講座
All rights reserved.