潜水士の試験難易度はどのくらい?効果的な勉強法はどんなもの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

潜水士とは、酸素ボンベを背負って水中で作業をする仕事に就きたい場合に取得が必要な国家資格です。ダイビングライセンスと全く異なる資格ですので、混同しないように注意しましょう。

今回は、潜水士試験の難易度や勉強方法などをご紹介します。潜水士の難易度は、決して高くはありません。しかし、全く勉強をせずに合格できるほど甘くもないのです。独学の落とし穴や独学以外の勉強法もご紹介しましすので、潜水士の資格取得を目指している方はぜひ参考にしてください。

  1. 潜水士とはどんな資格?
  2. 潜水士の試験とは?
  3. 潜水士の需要とは?
  4. 潜水士試験の難易度と勉強方法とは?
  5. SATの教材を利用してみよう
  6. おわりに

1.潜水士とはどんな資格?

潜水士とは、酸素ボンベを背負い海中で作業をすることができる国家資格です。ダイビングライセンスと一緒にされがちですが、ダイビングライセンスを持っていても潜水の仕事はできません。ですから、レジャーとしてダイビングを楽しむだけならば、ダイビングライセンスを取得するだけでよいでしょう。しかし、ダイビングのインストラクターになったり海中で作業をする職業に就いたりするには潜水士の資格が必要です。

なお、海に潜る職業といえば、漁師や海女をイメージする方もいるでしょう。しかし、素潜りで作業をする場合は、潜水士の資格は必要ありません。逆に、一見すると潜水に関係ない警察官などの職業でも、働く場所によっては資格取得が必要になることもあります。