陸上特殊無線技士の資格試験を受けよう!難易度や効率的な勉強法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「陸上特殊無線技士の資格試験を受けたい」という人に朗報です。無線従事者の一種であり、国家資格でもあるこの資格は、試験と養成課程により取得が可能になります。学生から社会人まで幅広い受験者がおり、転職にも有利になると言われている、比較的人気の高い資格です。特に、通信分野の仕事に就きたいと考えているなら、取得しておくべきでしょう。しかし、気になるのは難易度や合格率ですよね。「仕事を続けながらでも取得できるのか?」「合格するためにはたくさん勉強が必要なのでは?」と不安な人も多いのではないでしょうか。この記事では、陸上特殊無線技士の資格試験について、難易度や勉強法などをまとめてご紹介します。

  1. 陸上特殊無線技士とは?
  2. 陸上特殊無線技士の種類
  3. 難易度はどのくらい?陸上特殊無線技士の資格試験
  4. 陸上特殊無線技士の資格試験情報
  5. 陸上特殊無線技士の講習と更新について
  6. 陸上特殊無線技士取得に向けた勉強法
  7. 陸上特殊無線技士試験に関するよくある質問

この記事を読むことで、陸上特殊無線技士のすべてが分かります。資格試験に合格するために、ぜひ参考にしてみてください。


1.陸上特殊無線技士とは?

まずは、陸上特殊無線技士についてご紹介します。その定義や職務などを解説しましょう。

1-1.どんな資格なのか?

情報のデジタル化がすすむ今の時代、無線従事者は重宝される資格の一つです。電波を利用して通信の操作をするためにはこの免許が必要であり、その中でも幅広い分野で活躍できる資格となっています。1989年に電波法が改正され、無線従事者の資格は海上特殊無線技士・航空特殊無線技士・陸上特殊無線技士というように、利用分野別に再編されることになりました。今回は、陸上特殊無線技士についてご紹介しましょう。略して「一陸特」「一陸技」と呼ばれることもあります。

1-2.職務と必要性について

陸上の無線通信に用いる施設の技術的操作を行う資格です。たとえば、テレビの中継局や携帯電話の基地局などにおける設備操作、警察や消防無線の基地局設備も扱うことができます。電波法に定められている無線設備の操作や監督を行うためには、無線従事者を置くことが義務づけられているのです。そのため、就職や転職に大変有利な資格であり、取得しておくと幅広い分野で活躍することができるでしょう。