ダイオキシンが人体に与える影響とは?対策方法とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ダイオキシンは、大部分が人間の手によって作られた強力な毒物です。
しかし、「ダイオキシンが私たちの生活に及ぼす影響」については、よく分からない人も多いでしょう。
そこで、今回はダイオキシンの影響や対策をご紹介します。
ダイオキシンは、実は簡単な方法で発生するのです。
ですから、ダイオキシンを発生させないようにいろいろな法律や決まりが作られています。
特に、公害防止管理者の資格を取得するために勉強中の方は、この記事を読んで参考にしてください。

目次

  1. ダイオキシンって何?
  2. ダイオキシンはどうやって発生するの?
  3. ダイオキシンが体内へ取り入れられる経緯とは?
  4. ダイオキシンを規制する法律とは?
  5. ダイオキシンを出さないための対策方法とは?
  6. おわりに

1.ダイオキシンって何?

ダイオキシンとは、特定の物質ではありません。
ポリ塩化ジベンゾパラジオキシン (PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDF)、ダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル (DL-PCB) の総称です。
かつては強力な農薬や殺虫剤、除草剤の材料としても使われていました。
ベトナム戦争のときに使われた枯葉剤にも、ダイオキシンが含まれていたのです。
ダイオキシンは、人類が製造できる最強の毒物ともいわれています。
これより強い毒は、自然界に存在するボツリヌス菌や破傷風菌だけです。
ダイオキシンが多量に体内に入れば、人は即死します。
また、少量でも長期間摂取すれば免疫機能が低下し、発育異常や胎児の奇形、がんを発症するリスクがアップするのです。
さらに、土壌に染みこんだダイオキシンは、何年にもわたって人々の健康をおびやかし続けます。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら