【必読】潜水士の求人は? 資格取得のコツと勉強法を徹底解説します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

潜水士は、遺留品の捜索活動など各種目的のために水中に潜り、作業を行う仕事です。潜水士になるためには、優れた身体能力のほかに、冷静な判断力や潜水に関する深い知識も必要となります。今回は、潜水士として就職を希望する人のために、資格取得のコツやおすすめの勉強法などを詳しく解説しましょう。潜水士が活躍する主な職場や、求人状況なども参考にしてください。

  1. 潜水士とは
  2. 潜水士の就職について
  3. 潜水士の資格について
  4. 潜水士の試験について
  5. 潜水士の勉強法について
  6. 潜水士の求人や就職に関するよくある質問

この記事を読むことで、潜水士に関する正しい知識が身に付き、職務内容や資格取得のコツがわかるので有意義です。まずは、じっくり記事を読んでみてください。


潜水士は、遺留品の捜索活動など各種目的のために水中に潜り、作業を行う仕事です。潜水士になるためには、優れた身体能力のほかに、冷静な判断力や潜水に関する深い知識も必要となります。今回は、潜水士として就職を希望する人のために、資格取得のコツやおすすめの勉強法などを詳しく解説しましょう。潜水士が活躍する主な職場や、求人状況なども参考にしてください。

  1. 潜水士とは
  2. 潜水士の就職について
  3. 潜水士の資格について
  4. 潜水士の試験について
  5. 潜水士の勉強法について
  6. 潜水士の求人や就職に関するよくある質問

この記事を読むことで、潜水士に関する正しい知識が身に付き、職務内容や資格取得のコツがわかるので有意義です。まずは、じっくり記事を読んでみてください。


1.潜水士とは

最初に、潜水士の概要や職務について解説します。潜水士とはどんな仕事か基本を理解しておきましょう。

1-1.潜水士の概要

潜水士とは、水中で潜水具を使用し、検査や調査・報道活動・遺留物捜査・水中工事などを行うための資格です。潜水士として名乗り業務を行うためには、労働安全衛生法高気圧作業安全衛生規則により、潜水士免許を取得する必要があります。潜水業務に関しては、免許取得者だけが業務を行うことができるため、無免許者が作業をすると、法律違反により罰金などの罰則を受けるので注意が必要です。

1-2.潜水士の職務について

潜水士の主な職務は、水中で以下のような業務を安全・確実に行うことです。

  • 水中での土木建築作業
  • 水産物の採集
  • 遺留品・引き揚げ品の捜索と採集
  • 水中撮影
  • 人命救助・捜索
  • ダイビングインストラクター