潜水士免許が必要な職業とは?仕事の種類や免許の取得方法について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

海上保安庁の潜水士を描いた映画でも潜水するシーンがありますよね。潜水するには専門的な知識を知り技術を身につけなければなりません。重たい潜水用具を身につけて潜水をするため、思っているよりも非常に難しいのです。そこで、潜水士免許が必要な職業や潜水士の職業病、潜水士の種類や免許の取得方法について説明します。

  1. 潜水士免許が必要な職業
  2. 潜水士の職業病
  3. 潜水士の種類や免許の取得方法
  4. まとめ

1.潜水士免許が必要な職業

海の中に潜ることが専門の「潜水士」免許はいったいどのような職業に必要なのでしょうか。潜水士免許が必要な職業をいくつか紹介します。

1‐1.ダイビングのインストラクター

沖縄やハワイなど南の海で引っ張りだこになっているのが「ダイビングのインストラクター」です。ダイビングは年々大人気になっています。観光地でも「ダイビング経験」といったオプションサービスがあるでしょう。観光客やダイビングの資格を取得したい人に指導するのが「ダイビングのインストラクター」になります。ダイビングのインストラクターは素人相手に指導しなければならないので潜水士としての資格が必要です。潜水士の資格を取得しておかなければダイビングのインストラクターになることはできません。海の中という陸地ではない特別な場所が仕事場になるため、専門的な知識が必要になります。キレイな海の中に潜る仕事ですが、命の危険と隣り合わせです。

1‐2.海上自衛隊や海上保安庁の潜水士

国民の命を守る海上保安庁・海上自衛隊の潜水士も潜水士免許が必要な職業です。海上保安庁は有名な映画になりましたよね。24時間態勢で日本の海を守っています。急な出動命令が入るとすぐにヘリコプターで飛んでいくのです。荒れた海の中でも恐ろしさと戦いながら人の命を救う命がけの仕事になるでしょう。そして、海上自衛隊の潜水士も潜水士免許が必要です。海上自衛隊の場合は大まかに5つの種類にわかれます。潜水特技員・潜水員・深海潜水員・飽和潜水員・水中処分員の5種類です。

また、それぞれ作業内容が異なります。たとえば、水中処分員は水中の中にある爆発物や危険物を処理する潜水士のことです。

1‐3.水中作業業務や大学・研究機関

海の中に沈んだ船舶の引き上げなどさまざまなものを回収する潜水士を「作業ダイバー」といいます。作業ダイバーも潜水士免許を必要とする職業の1つです。作業サイバーを題材にしたマンガが話題になっていますね。水中作業業務をする作業ダイバーも水中を潜るので専門的な知識が必要です。

また、大学や研究機関による海の調査にたずさわるダイバーも潜水士免許が必要になります。海洋生物をピックアップしたテレビ番組などでは、大学・研究機関のダイバーが大活躍しているのです。基本的に、潜水用具を身につけて海の中に潜る仕事の人たちは潜水士免許が必要になります。作業内容はそれぞれ違いますが、海の中に潜ることは危険と隣り合わせです。

12