ダクト工事や管工事を行う仕事に就きたい! そのために必要な資格は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ダクトとは配管の一種で、主に空調・排気・排煙を行うために取りつけられます。主にビルや大型商業施設といった、不特定多数の方が利用する施設に取りつけられるものです。ダクト工事がうまくいっていないと、建物内の空気が悪くなったり臭いなどのクレームがくる原因となるでしょう。

ダクト工事は建設会社の他、リフォーム会社や内装工事会社などでも手がけており、ダクト工事に関する資格も複数あります。

今回は、ダクト工事を行うために必要な資格などについてご紹介しましょう。

  1. ダクト工事の基礎知識
  2. ダクト工事に必要な資格とは?
  3. 管工事施工管理技士の資格取得方法
  4. ダクト工事に対するよくある質問

この記事を読めば、管工事にかかわる仕事や必要な資格についてもよく分かりますよ。管工事を行う仕事に就きたいという方や、管工事施工管理技士の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ダクト工事の基礎知識

はじめに、ダクト工事の内容や他の配管工事との違いを解説します。どのような工事なのでしょうか?

1-1.ダクト工事って何?

ダクト工事とは、前述したように空調や排気・排煙のために空気を通す管を取りつける工事のことです。高層ビルや大規模商業施設だけでなく、地下街でも不可欠な工事になります。
ダクト工事が不十分ですと、空気が汚れ、最悪の場合は一酸化炭素中毒などを引き起こす可能性もあるでしょう。

1-2.ダクト工事と通常の配管工事の違い

水やガスを各使用場所まで引く配管工事には、途中で水やガスが絶対に漏れることがないように頑丈な管が使われます。また、つなぎ目はビスなどを使って頑丈にとめられ、漏れがないようにつなぎ目は必要最低限です。

一方ダクトに通っている空気は、少々漏れても問題ありません。ですから、水やガスが通る管よりも簡易的な造りとなっています。つなぎ目もボルトではなくテープやコーキングが使われ、その分価格も安価です。ダクト工事に配管を使ってはいけないという決まりはありません。しかし、ダクトよりも配管の方がずっと高価なので、大抵はコスト重視でダクトが選択されます。

1-3.ダクトの種類

ダクトの種類は大きく分けて2種類あります。1つは亜鉛鉄板やステンレスなどの金属板を筒状にし、そのまま使用するものです。価格は安いのですが、結露などが付着することもあり、音が大きいというデメリットもあります。主に工場や排煙ダクトなど、音が大きくても問題ない場所のダクト工事は、このようなダクトが使われることが多いでしょう。

もう1つは、金属性のダクトにグラスウールという素材を巻いたものです。グラスウールは断熱材としても使われるもので、ダクト内に熱い気体や冷たい気体を流しても周囲に影響を与えません。結露も防止できますので、サビも防げます。また、グラスウールには吸音性もありますから、オフィスや会議室・ホテルなどに設置されるダクトはグラスウールを使ったものが多いでしょう。なお、グラスウールを巻いた分価格は高くなります。

12