第三種電気主任技術者講座

教材について

理解が進むフルカラーテキスト

「電験三種試験」に確実に合格したい!そんな方にとって、まず重要なのはテキスト選びです。SATのフルカラーテキストには合格のノウハウがぎっしり詰まっています。

特徴
01

暗記力アップ!業界初のフルカラーテキスト

これまで、多くの参考書では白黒もしくは2色刷りというものがほとんどでした。 その為、記憶に残りにくい、重要個所が分かりにくい、やる気が起きないなどの欠点がありました。


SATのテキストはフルカラーテキストを採用しています。その為、記憶に残りやすく、「やる気も持続した!」といった報告も相次いでいます。コストはかかりますが、非常に大切な要素の一つと考えています。

特徴
02

満点主義から合格点主義へ

市販の電験三種テキストは試験範囲を全て網羅しており、完全に学習をすると100点を取ることも可能です。その一方で学習を終えるのに膨大な時間がかかり挫折の原因となっていました。


SATのテキストは、確実に合格点を取ることは押さえながらも、市販のテキストよりもずっとコンパクトにすることを実現しています。

SAT教材と市販教材のページ数の比較 (単位 : ページ)
教材 理論 機械 電力 法規
市販本 350 ~ 400 400 ~ 500 400 ~ 500 300 ~ 350
SAT教材 156 123 106 80
5年分の過去問題 156 153 122 114
SAT教材合計 312
16.8%薄い
276
38.7%薄い
228
49.4%薄い
194
40.3%薄い
特徴
03

イメージで本質を理解する!文書型テキストから図表型テキストへ

市販の参考書は講義映像がないので、どうしても説明の文章が長くなってしまいます。文字を読むのが苦手な人にとっては、頭に入りずらく非効率です。


SATのテキストでは説明の文章は極力カットしています。これは講師が講義で分かりやすく説明するためと、図や表をたくさん取り入れイメージで本質を理解してもらうためです。

特徴
04

SATテキストの魅力まとめ

  • フルカラーテキストでやる気も持続
  • 試験に出題されるポイントを学習でき、挫折しません。
  • 図や表を多く取り入れ、説明文章を極力カット