電気工事施工管理技士の資格を取得するメリット・就職先を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気にかかわる資格は、たくさんあります。
また、就職先も幅広く取得しておくと転職や就職にも有利です。
そこで、今回はそんな電気関係の資格のひとつ電気工事施工管理技士 のメリットについてご紹介しましょう。
施工管理技士にはいくつかの種類がありますが、これを取得すれば、電気工事においてかなりの権限を持てます。
また、今回は資格取得の方法や難易度などもご紹介しましょう。
この資格取得を目指している人だけでなく、興味がある方もぜひ読んでみてくださいね。

  1. 電気工事施工管理技士とはどんな資格?
  2. 電気工事施工管理技士のメリットとは?
  3. 電気工事施工管理技士の資格を取得するには?
  4. 電気工事施工管理技士の試験に合格するための勉強方法とは?
  5. おわりに

1.電気工事施工管理技士とはどんな資格?

電気工事施工管理技士は、国家資格である施工管理技士のひとつです。
このほかに、建築施工管理技士や管工事施工管理技士などがあります。
電気工事施工管理技士とは、建物を建てるときに、電気配線の施工計画や図面の作成、工程管理、品質管理、安全管理などを行うことができる資格です。
どんな建物でも、その内部で人が長時間快適に活動するためには電気設備は欠かせません。
しかも、大きな建物になるほど電気設備の工事は複雑化するでしょう。
また、電気工事にはたくさんの作業員がかかわります。
工事をいかに効率的に安全に進められるかは、電気工事施工管理技士の技術や采配にかかっているといってもよいでしょう。
電気工事施工管理技士には1級と2級があり、2級は施工できる工事に限りがあります。

12