電気工事施工管理技士の合格率や難易度は?効果的な勉強法を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事施工管理技士は、数ある電気関係の資格の中でも建築業にたずさわっている方が取得すると、便利な資格です。そこで、今回は電気工事施工管理技士の合格率や難易度に付いてご紹介します。電気工事は、ほかの土木工事と違い資格がなければ工事資格がありません。その中でも施工管理技士の資格を取得すれば建築工事をする際に、電気工事の統括を行うことができます。ですから、電気工事を仕事にしている方なら取得しておいて損はないでしょう。興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 電気工事施工管理技士とは?
  2. 電気工事施工管理技士の試験について
  3. 電気工事施工管理技士の受験資格や難易度・合格率
  4. 受験勉強の方法は?
  5. おわりに

1.電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士とは、電気工事に関する施工計画を立て、安全・品質管理・監督業務を行うことのできる資格です。1級・2級があり2級は主任技術者、1級は監理技術者として工事現場の監督をすることができます。1級と2級に行える職務内容に差はありません。ですから、1級は大規模な工事現場、2級は中小規模の工事現場で監督を任されます。

電気工事施工管理技士の資格を取得すれば、技術者を束ねる立場になることが可能です。昇給や昇進ものぞめますし、転職の際の武器にもなるでしょう。電気工事士として建築現場で働いてきた方ならば、取得しておいて損はありません。