電気工事施工管理技士になりたい! 人気の参考書はどれ?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事施工管理技士は、電気工事を生業としている方ならば取得しておくと非常に有利な資格です。
会社で取得を推奨しているところも多く、取得のバックアップや資格手当をつけてくれる会社もあるでしょう。
そこで、今回は電気工事施工管理技士の参考書についてご紹介します。
電気工事施工管理技士を独学で取得しようと思う場合、参考書選びは欠かせません。
人気の参考書とはどのようなものでしょうか?
また、独学以外の勉強法についてもご紹介します。
電気工事施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 電気工事施工管理技士とはどのような資格?
  2. 電気工事施工管理技士の資格を取得する方法とは?
  3. 電気工事施工管理技士の難易度や合格率とは?
  4. 電気工事化施工管理技士の参考書の選び方と独学の問題点
  5. SATの教材を試してみよう
  6. おわりに

1.電気工事施工管理技士とはどのような資格?

電気工事施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。
人が長時間滞在する建物には、電気が欠かせません。
照明だけでなく空調や上水道や排水なども電力が必要です。
ですから、建物が大きくなるほど複雑な電気工事が必要になるでしょう。
電気工事を行うには、専門的な知識が必要です。
そのため、電気工事を行うには電気工事士をはじめとする資格を取得しなければなりません。
電気工事施工管理技士とは、そんな電気工事の計画を立てたり、安全、品質管理を行えたりする資格です。
つまり、施工管理技士が立てた計画に沿って工事が進められます。
大規模な建物や施設の工事ほど電気施工管理技士の能力によって工事の進み具合が変わってくるでしょう。
電気工事施工管理技士には1級と2級があり、1級を取得すれば建築業者が新しく営業所を開設した際、一般、特殊両方の建設業の専任技術者になれます。
2級の場合は一般建設業の専任技術者になれるのです。
また、1級は監理技術者に、2級は主任技術者に専任できます。
どちらも建設工事現場には必ずいなければならない技術者です。
ですから、会社によっては資格取得を奨励しているところも多く、資格手当がある会社もあるでしょう。