電気主任技術者試験の難易度や試験内容を徹底解説! 受験資格・対策方法も!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気に関する仕事に就いていたり、工業系の高校や専門学校に通っていたりする人が取得を勧められる資格に「電気主任技術者」があります。
この資格を取得しておくと、就職の幅が広がったり資格手当がついたりするでしょう。
そこで、今回は電気主任技術者試験の難易度や内容についてご紹介します。
「難易度が高く、何回も挑戦しなければ受からない」というイメージを持っている方も多いですが、電気主任技術者には種類があるのです。
ですから、自分のレベルに合わせて資格をステップアップしていくのも可能でしょう。
将来電気関係の仕事に就きたいという方や、今電気関係の勉強をしているという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の種類とは?
  3. 電気主任技術者試験の内容や難易度とは?
  4. おわりに

1.電気主任技術者とはどんな資格?

電気主任技術者とは、事業用電気工作物の工事、維持、運用に関する保安を監督するための責任者になれる国家資格です。
ちなみに、事業用電気工作物とは、変電所や発電所などにあたります。
事業用電気工作物はさらに自家用電気工作物と電気事業用電気に分別されており、扱える電圧によって区別されているのです。
電気主任技術者とは、そんな電気を扱うプロフェッショナル。
電気主任技術者は、一種~三種まであり「電験×種」と略されていわれることも多いでしょう。
電気を扱う仕事に就いている方や将来電気を扱う仕事に就くために高校や専門学校で勉強している方は、取得が進められる資格です。
特に、大学や高等専門学校を卒業すれば試験を受けずに認定されることもできます。
ちなみに、受験資格はなく、工業系の学校を出ていなくても問題なく受験できるのです。
危険物取扱者と似ていますね。
ですから、転職して電気関係の仕事に就いたという方も、問題なくチャレンジできるのです。
試験を受けたい方は電気技術者試験センターの試験案内に基づいて申し込みを行い、所定科目を受験しましょう。
すべての科目に合格すれば電気主任技術者の資格が取得できます。

12