電気設備技術基準について詳しく解説!電気設備の資格に必要な知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気を用いる技術には専門知識や安全意識をきちんと持たなければなりません。あやふやな知識は命にかかわる事故を起こしてしまいます。私たちの生活に必要不可欠な電気を安全に使用するため、「電気設備の技術基準」が平成9年に設けられました。そこで、電気設備技術基準とは何なのか、電気設備の技術基準の解釈や有資格者について詳しく説明します。

  1. 電気設備技術基準とは
  2. 電気設備技術基準の解釈について
  3. 電気設備技術基準が定める有資格者について
  4. 電気設備技術基準に関してよくある質問
  5. 電気設備技術基準解釈おすすめの書籍
  6. 電気設備技術基準に関するブログ紹介

この記事を読むことで電気設備技術基準の解釈について詳しくわかります。


1.電気設備技術基準とは

電気設備技術基準とは、一体どんな内容なのでしょうか。電気設備技術基準の歴史や解釈・内容、必要性など詳しく説明します。電気設備基準や電気設備設計について知りたい人はぜひチェックしてください。

1-1.電気設備技術基準の歴史

電気設備に関する技術基準が「電気設備技術基準」です。発電用設備や原動機などの電気工作物をのぞく電気工作物の技術部分が当てはまります。正式名称は「電気設備に関する技術基準を定める省令」です。平成9年の3月に電気設備技術基準が改正、5月に制定・公表されました。また、平成28年4月1日に新に改正されています。年々、電気設備技術基準は更新されていっているのです。

1-2.電気設備技術基準の内容

電気設備技術基準の内容は主に3つあります。1つ目は「ほかの電気的設備や物件に損傷を与えないこと」、2つ目は「ほかの電気的設備や物件の機能に磁気・電気的な障害を与えないこと」です。そして、最後の3つ目は「損壊によって電気の供給に著しい支障をおよぼさないこと」になります。電気設備技術基準は、電気設備を設計・施工するための最低限ルールです。

1-3.電気設備技術基準の必要性

電気工作物は人間や機械に被害を与えないよう設計・点検しなければなりません。たとえ、事故が起こっても影響をできるだけ防ぐことが大切です。また、公害防止・電磁気障害も防がなければなりません。よって、電気設備技術基準は電気工作物とともに、周囲にある機器や人を守るための基準でもあるのです。

1-4.適用される場所

電気設備設計の基準は電気工作物がある場所で適用されます。たとえば、電気を供給する電気設備の施設です。電線路の電線なども当てはまります。ただし、原子力発電工作物、鉄道事業法が適用される電気工作物に対しては除外になるでしょう。

1-5.電気工事法について

電気工事に関する資格や義務、欠陥による災害の防止など記載している法律を「電気工事法」といいます。制定された1960年当時は電気工事法に適用されるのは一般用電気工作物の電気工事だけでした。しかし、日本の経済発展によって1987年に改正され、500kW以内の自家用電気工作物も対象になったのです。ちなみに、規制対象物の工事は第1種電気工事士が担当します。電気設備の資格がなければ取り扱いができません。