電気工事施工管理技士の求人傾向が知りたい! 資格取得のポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気工事施工管理技士は、電気工事を管理・監督するために必要な国家資格です。資格取得をすると、就職・転職に有利といわれていますが、求人傾向はどのようになっているでしょうか。求人傾向が安定していなければ、資格を取得しても活かせる場所がありません。電気工事施工管理技士の求人傾向をきちんと把握しておくことも、資格取得につながります。本記事では、電気工事施工管理技士のメリット・求人・資格について解説しましょう。

  1. 電気工事施工管理技士のメリット
  2. 電気工事施工管理技士の求人について
  3. 電気工事施工管理技士の資格を取るには
  4. 電気工事施工管理技士の勉強について
  5. 電気工事施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事施工管理技士の求人傾向と資格取得のコツが分かります。受験を考えている方は、ぜひチェックしてください。


1.電気工事施工管理技士のメリット

まずは、電気工事施工管理技士の種類と職務、人気度、難易度についてチェックします。資格を取得すると、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。

1-1.電気工事施工管理技士とは

電気工事施工管理技士は、施工管理技士国家資格のうちの1つです。施工管理技士とは、日本の建築業において、特定業種の技術を認定した国家資格となります。つまり、電気工事施工管理技士は、電気の技術を習得した者のことです。

1-2.電気工事施工管理技士の種類・職務について

電気工事施工管理技士の主な仕事は、電気工事の管理・監督です。建築業法に基づいて、電気工事を円滑にすすめるために必要な役職といえるでしょう。具体的な仕事としては、発電設備・送電・配電・配線などの施工計画や、スケジュール管理、必要資材の調達、作業員への指示出しなど多岐にわたります。
また、電気工事施工管理技士の種類は、1級と2級の2つです。それぞれ資格取得後にできる仕事の内容に違いがあるので、注意してください。

<1級の場合>

  • 一般建設業の営業所ごとに置く専任技術者
  • 現場ごとに置く主任技術者
  • 特定建設業の営業所ごとに置く専任技術者
  • 一定規模以上の元請の現場で特定建設業者が配置する監理技術者

<2級の場合>

  • 一般建設業の営業所ごとに置く専任技術者
  • 現場ごとに置く主任技術者

上記のように、2級電気工事施工管理技士は、特定建設業の専任技術者・監理技術者として働くことができません。よりスキルアップしたい方は、1級電気工事施工管理技士を目指したほうがよいでしょう。

1-3.人気度・試験の難易度について

電気工事施工管理技士の資格を取得した人は、大手中小の専門工事会社・総合建築会社の設備部・不動産管理会社などに就職しています。国家資格かつ専門の技術を持っている証になるため、人気のある資格の1つです。
気になる試験の難易度は「普通」で、勉強をしっかり続けていけば合格できるレベルでしょう。ただし、電気工事施工管理技士は実務経験のある方だけが受験できます。後ほど、【3-2.受験資格】で詳しく説明するのでぜひチェックしてください。

1-4.メリットとは

資格取得の主なメリットは、就職・転職に役立つ点です。電気工事が行われる機会が増えているのにもかかわらず、現在は資格保持者の数が足りていません。そのため、資格保持者への企業ニーズが高まっています。また、有資格者が多い年配層が定年で現場を離れつつあるのです。よって、近年は年齢が若い有資格者ほど多くの企業で優遇される傾向があります。
さらに、資格を取得することで年収アップにつながるでしょう。経験豊富な人ほど、希望に合った職場への転職が可能です。

2.電気工事施工管理技士の求人について

電気工事施工管理技士の求人傾向と将来性について説明します。

2-1.求人傾向について

2020年の東京オリンピックに向けて、電気・建築・土木関連工事が増加しています。電気設備業界は、建築・土木と密接に関連しているため、建築が始まると同時に電気工事も始まるのです。オフィスビル・デパート・ショッピングモール・アミューズメント施設・商業施設など、さまざまな現場で電気設備工事が必要となります。電気工事施工管理技士を必要としている現場が増え、求人も増加中です。今後は、電気設備業界の人材不足が起きると考えられています。

2-2.将来性について

前述したとおり、電気設備業界の人材不足が懸念されているため、電気工事施工管理技士の需要がさらに高まるでしょう。もともと、電気設備業界は技術者不足が続いている状態です。そのため、将来性抜群の国家資格といえます。実務経験の有無が受験資格にあるので、まずは、関連業務に就いてから資格を取得する方が増えているのです。

3.電気工事施工管理技士の資格を取るには

それでは、電気工事施工管理技士の資格を取得するために必要な試験内容を紹介します。

3-1.資格概要

電気工事施工管理技士は、電気工事の円滑な施工・完成品質の水準確保を図るための監理・監督を行う大切な役割を担っています。国家資格のひとつなので、社会的地位を得ることができるでしょう。ちなみに、1級電気工事施工管理技士の取得者は、建築設備士の受験資格が得られます。

3-2.受験資格

1級と2級とも受験資格に実務経験が含まれています。それぞれで受験資格が異なるため、注意しておかなければなりません。主な受験資格は以下のとおりです。

<1級>

  • 指導監督的実務経験を1年以上含んでいる
  • 専任の主任技術者を1年以上含んでいるなど

<2級>

  • 大学の指定学科を卒業し、1年以上の実務経験
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し、2年以上の実務経験
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験
  • 電気工事法による第二種電気工事士免状の交付者は、1年の実務経験など

以上のほかにも、学歴・実務経験など複雑な内容が定められています。具体的な内容に関しては、試験を行っている「一般財団法人 建築業振興基金」のホームページを確認してください。

3-3.試験内容

電気工事施工管理技士の試験は、学科試験と実地試験があります。学科試験科目は、1級・2級ともに電気工学等・施工管理法・法規の3科目です。実地試験科目は、施工管理法に関する筆記試験となります。2級の場合は学科試験・実地試験を同日に行いますが、1級は学科試験の合格者だけが実地試験を受けることになるのです。

3-4.注意点

1級と2級で、受験資格と行える仕事内容が異なります。どちらの試験を受けることができるのか、どんな仕事に就きたいのか、明確にしてから受験の準備に取りかかってください。また、1級・2級とも年に1回試験が実施されますが、1級の試験会場は東京都だけです。各主要都市で開催される2級とは異なるので注意してくださいね。

4.電気工事施工管理技士の勉強について

1発合格を目指すためには、電気工事施工管理技士の試験ポイントと勉強法を知ることが大切です。それでは早速、チェックしていきましょう。

4-1.おすすめの勉強法

独学・スクール通学・通信講座と、さまざまな勉強法があります。電気工事施工管理技士の難易度は、予備校や専門の学校に行かないと合格できないほど難しい試験ではありません。しかし、無勉強や一夜漬けでは合格できない試験です。時間に余裕があれば独学でも構いませんが、仕事との両立を検討している方は「通信講座」をおすすめします。
SATの通信講座は、試験のポイントを押さえたテキストとDVD映像がセットになっており、DVD映像はスマートフォンでも再生可能です。仕事の休憩時間や移動時間も動画を見ながら勉強することができます。さらに、分からないところがあれば担当の先生にメールで質問し、自分のペースで勉強を続けることができるでしょう。ぜひチェックしてみてください。

4-2.ポイントとコツについて

学科試験は選択式の問題なので、試験の重要ポイントを暗記することが大切です。毎日数十分でも勉強を続ければ、頭の中にインプットできるでしょう。休日を利用して1日中勉強する方がいますが、まとめてするよりも毎日コツコツと続けることがポイントとなります。
そして、実地試験は自分が経験した工事の具体例を挙げて、それをもとに問題に答えるという記述式です。丸暗記するだけでは解けないので、自分の経験から考えを的確に文章化する必要があります。作文に苦手意識を持っている方は難しいかもしれませんが、何度もくり返していけば慣れるでしょう。
また、過去問の類似問題が出題される傾向もあるため、基礎知識を身につけたら過去問を解いてください。試験と同じ時間で行い、試験の雰囲気に慣れておきましょう。何回も引っかかる問題は、自分でメモをして集中的に取り組むとよいですね。

4-3.注意点

勉強は、ライフスタイルに適した方法が最適です。スクール通学を利用しても、仕事が忙しくなれば授業時間に間に合わず、お金が無駄になってしまいます。仕事で忙しい方は、1日にどれだけ勉強時間を費やすことができるのか考えた上でスケジュールを立ててください。疲れて勉強できないという方は、早起きして朝の時間を活用するとよいでしょう。勉強時間は工夫次第でつくることができます。

5.電気工事施工管理技士に関してよくある質問

電気工事施工管理技士に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.専任技術者・主任技術者・監理技術者の違いとは?
A.専任技術者は、建設業者の営業所ごとに専属的に従事する技術者で、一定の資格・経験が求められます。主任技術者は、現場でかかわる技術者たちを取りまとめて監督する職務です。そして、監理技術者は、特定建設業者が一定規模以上の元請の現場に配置する技術者となります。それぞれ、役割と仕事内容が異なるのできちんと理解しておきましょう。

Q.電気工事施工管理技士の年収はいくらぐらいか?
A.平均年収は、約500万~700万円といわれています。電気工事施工管理技士の資格は国家資格で、電気工事の監理・監督を行う上級技術者です。企業からの信頼が厚く、給料に反映される可能性が高いでしょう。大手企業に勤めると、さらに年収がアップするかもしれません。また、資格を持っていることで、資格手当として5,000円~1万円ほど月給に加算されることもあります。

Q.女性が取得してもメリットはあるのか?
A.電気工事施工管理技士として活躍している女性は多数存在しています。試験会場に行くと、女性の姿を見ることができるでしょう。女性技術者はまだまだ少ないですが、女性目線だからこその提案・施工計画を立てることができます。特に、女性をターゲットにした商業施設・アミューズメント施設などでは、女性の電気工事施工管理技士が重宝されるでしょう。

Q.受験料と申し込み方法が知りたい
A.1級の受験料は、学科・実地それぞれ11,800円となっています。両試験を受ける場合は23,600円です。申し込み方法は、建設業振興基金へ願書を申請し、添付書類を添えて郵送で申し込みをします。電子申請は行っていないので注意してくださいね。2級の受験料は、学科・実地それぞれ5,900円、両方で11,800円です。

Q.合格率はどのくらいか?
A.1級の学科試験は約45%、実地試験は約60%、2級の学科試験は約55%、実地試験は約40%です。国家試験の中でも合格率は、それほど低くありません。しかし、難易度が高くないからといって勉強を怠ると不合格になってしまいます。合格基準点は、学科試験・実地試験ともに60%以上の得点が必要です。試験の実施状況を踏まえ、変更される可能性もありますが、60%以上は点数が得られるようになるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 電気工事施工管理技士は施工管理技士国家資格のうちの1つで、電気工事の施工計画・管理・監督などを行う大切な役割を担っています。直接、電気工事が行える資格ではありませんが、現場の技術者に指示を出したり、施工計画をすすめたりするなど仕事内容が多岐にわたる役職です。1級電気工事施工管理技士になると、特定建設業の営業所ごとに置く専任技術者、一定規模以上の現場に置く監理技術者として働くことができます。2020年の東京オリンピックに向けて、建築ラッシュが始まり、電気工事施工管理技士の需要も高まっているのです。将来性も十分な資格ですが、試験を受けるためには受験資格を満たさなければなりません。実務経験が必要になるため、経験を積みながら試験勉強を続ける方もいます。試験内容と求人傾向を押さえ、勉強に励んでください。