電気工事士の試験内容や難易度は? 合格するための勉強法を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気は、私たちの生活になくてはならないものです。その電気を使うためには、配線などの工事が必要。しかし、電気は取り扱いを間違えると火災などの危険があります。そのため、電気工事に従事するためには電気工事士という国家資格が必要です。

そこで今回は、電気工事試験の内容や難易度についてご説明します。電気工事はあらゆる施設や一般住宅に必要なものです。ですから、取得しておけば就職の幅も広がるでしょう。電気工事士の資格に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気工事士とはどんな資格?
  2. 電気工事士を取得するメリット
  3. 電気工事士の受験資格について
  4. 電気工事士の試験内容
  5. 電気工事士の難易度は?
  6. 電気工事士に合格するための勉強方法は?
  7. 電気工事士の試験内容に関するよくある質問
  8. おわりに

1.電気工事士とはどんな資格?

電気を扱う資格は複数ありますが、電気工事士とは自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事を行える国家資格のことです。ちなみに、電気工作物とは一般家庭や商業施設、そのほかの電気を使う施設で使われている電気設備のこと。つまり、私たちの家や商業施設などで電気が使えるのは、電気の配線工事などが行われているからです。この配線工事は不用意に行うと、火災などが発生したり電気がショートしたりする危険があります。そのため、国家資格である電気工事士の資格を持った人でないと工事できないのです。

ちなみに、冷蔵庫やテレビなどの家電を設置する場合は、コンセントをさしこむだけですので電気工事ではありません。しかし、浴室テレビやエアコンなど配線をいじる場合は、電気工事士の資格を持った人が行うように推奨されています。(実際は、軽微な工事の場合は無資格でも黙認状態である)

また、コンセントの増設や分電盤内の工事は必ず電気工事士の資格保持者が行わなくてはなりません。電気工事士には一種と二種があり、二種は一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。一種は第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できるのです。さらに、ネオン工事や非常用予備発電装置の工事ができる「特種電気工事資格者」というものもあります。必要に応じて取得しましょう。