非常放送設備って何?非常用放送設備に関する資格を取得するには?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

火災や地震などの災害が起きたとき、いち早く自分の命を守らなければなりません。しかし、オフィスビルや商業施設といった不特定多数の人が集まっている場所では、すぐに混乱状態になります。そこで大きな役割を果たすのが「非常用放送設備」です。非常用放送設備を整えることで、多くの人の命を守ることができます。そこで、この記事では、非常用放送設備とは何なのか、防災設備に関する資格や試験概要など詳しく説明しましょう。

  1. 非常用放送設備とは
  2. 非常用放送設備の設置について
  3. 防災設備に関する資格について
  4. 非常用放送設備に関してよくある質問

この記事を読むことで、非常用放送設備の基礎知識の習得と関連する資格に必要な情報を手に入れることができます。非常用放送設備について知りたい方や関連資格を取得したい方は、ぜひチェックしてください。


1.非常用放送設備とは

「非常用放送設備」という言葉を耳にしたことはあっても、詳しく知らない方が多いでしょう。非常用放送設備とは一体どんな内容になっているのか、概要や必要性などを説明します。

1-1.概要

非常用放送設備とは、万が一のときに建物内にいる人々に火災発生の警報を伝えるための設備のことです。何が起きているのか、これからどうすべきなのか避難誘導をおこなう大切な設備になります。また、非常用放送設備は、自動火災報知設備と連動しているため、自動的に音声警報音で知らせることができるのです。ただし、すべての建物に設置するわけではありません。劇場・公会堂・病院・ホテルなど不特定多数の人がいる建築物が設置対象になります。

1-2.必要性

火災などの災害が起きたとき、建物内にいる人々はパニック状態になるでしょう。パニック状態になればなるほど、冷静な対処ができなくなるものです。けれども、非常用放送設備の防災放送によって、人々を安全な場所へ避難誘導ができます。また、何が起きているのか把握できるため、冷静に判断できるのです。パニック状態による二次災害を防ぐことができるのも、非常用放送設備のメリットになります。特に、最近は地震による災害が増えてきました。緊急地震速報を取り込み、緊急放送用の機能が実装されている非常用放送設備もあります。

1-3.消防法について

非常用放送設備の設置基準などについては、「消防法」で詳しく定められています。消防法は火災を予防・警戒し、国民の生命・身体・財産を火災から保護するためにつくられた法律です。火災による被害の軽減や社会公共福祉の増進・安寧秩序の保持が目的になります。非常用放送設備に関しては、消防法の「第四章 消防の設備等」で記載されているので、ぜひチェックしてください。

消防法

1-4.非常警報設備との違い

似ている言葉に「非常警報設備」というものがあります。非常警報設備は、非常ベルや自動式サイレン・非常用放送設備などをまとめて表しているものです。非常事態を建物内にいる人に伝える役割を担っています。また、下記に非常ベル・自動式サイレン・放送設備に関してまとめているので、ぜひ参考にしてください。

  • 非常ベル:警報の音響装置として用いることが多い
  • 自動式サイレン:警報の音響装置の1つ。非常ベル・サイレンとともに起動装置・表示・音響装置・電源によって構成されている
  • 放送設備:スピーカーを利用した音声によって建物内の人々に通報・避難誘導をおこなう設備。
12