誘導灯の設置基準は? 種類や必要性、役立つ資格を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

誘導灯とは、急な災害時に避難がしやすいよう、避難口や避難方向を指示するための照明設備を指しています。多くは避難口に通じる通路に設置されており、非常時には誘導灯が指し示す方向を辿(たど)ることで、避難口にたどり着くことができるのです。重要な誘導灯だからこそ、設置基準が定められています。さらに、誘導灯の設置や点検に役立つ資格を取得したほうが、スムーズに作業ができるでしょう。本記事では、誘導灯の基礎知識や種類・設置基準・設置や点検・消防設備士の資格について説明します。