土木施工管理技士の実地試験・経験記述の効率良い勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一つです。資格保持者は主任技術者や管理技術者になることができるため、土木工事の現場仕事をしている方の中には、資格取得を目指している方も多いでしょう。土木施工管理技士になるためには、一定の実務経験を積んだ後で試験を受け、合格する必要があります。試験は学科試験と実地試験があり、実地試験の経験記述という独特な試験が大きなウエイトを占めているのです。経験記述の勉強ははかどらず、苦戦しているという方も多いと思います。

そこで、今回は土木施工管理技士の実地試験・経験記述の勉強方法などについてご紹介しましょう。