土木施工管理技士の実地試験・経験記述の効率良い勉強方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一つです。資格保持者は主任技術者や管理技術者になることができるため、土木工事の現場仕事をしている方の中には、資格取得を目指している方も多いでしょう。土木施工管理技士になるためには、一定の実務経験を積んだ後で試験を受け、合格する必要があります。試験は学科試験と実地試験があり、実地試験の経験記述という独特な試験が大きなウエイトを占めているのです。経験記述の勉強ははかどらず、苦戦しているという方も多いと思います。

そこで、今回は土木施工管理技士の実地試験・経験記述の勉強方法などについてご紹介しましょう。

  1. 土木施工管理技士とはどのような資格?
  2. 土木施工管理技士の試験について
  3. 経験記述の効率的な勉強方法
  4. 土木施工管理技士に関するよくある質問

勉強方法のコツがつかめれば、本番で焦ることもありません。土木施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


1.土木施工管理技士とはどのような資格?

はじめに、土木施工管理技士とはどのような資格かということをご紹介します。有資格者はどのような職務に就くことができるのでしょうか?

1-1.施工管理技士とは?

土木施工管理技士とは、前述したように国家資格、施工管理技士の一つです。施工管理技士とは工事現場での工程や安全管理などの責任者になれる資格のことで、土木の他に建築や電機など6分野に分かれています。

土木施工管理技士になると、河川・道路・橋梁・上下水道などの工事をする際、主任技術者として施工計画を立てたり現場で施工管理・安全管理などを行ったりすることができるのです。技術者を束ね、施工計画通りに安全に工事ができるように采配を振るのが主な仕事となります。法律によって工事現場には必ず有資格者を主任技術者として配置するように義務付けられているのです。

1-2.土木施工管理技士の種類は?

土木施工管理士には1級と2級があり、1級は前項で紹介したような土木工事の現場で主任技術者や管理技術者になることができます。2級は、土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種類に分かれており、合格した分野の工事が行われる際、主任技術者になることができるのです。1級・2級ともに工程管理・安全管理は行われるので、土木工事の仕事に就いている方ならば、取得しておいて損はありません。

1-3.土木施工管理技士を取得するメリット

建築業法では、外注総額3,000万円未満(税込)の工事の元請業者とその下請業者は、直接雇用をした技術者の中から主任技術者を選び、現場に配置しなくてはなりません。この主任技術者は、請け負い金額が2,500万円(税込)以上の場合は兼任が許されておらず、必ず一現場に1人必要です。ですから、大きな工事を請け負う業者ほど主任技術者がたくさん必要になります。

主任技術者は土木施工管理技士の資格がなくても、10年間の実務経験はあれば就くことが可能です。しかし、同じ会社にずっと勤め続けていない限り、10年間の実務経験を客観的に証明するのはとても大変でしょう。ですから、一定期間土木工事の実務経験を積んだ方は資格を取得した方がより責任が重い立場に就きやすくなり、出世の道も開けます。

1-4.試験に合格した後の就職先

土木施工管理技士の資格を取得していれば、土木工事を請け負っている会社ならばどのようなところでも働けます。今働いている会社よりも大きな会社に転職したいという場合も大いに役立つことでしょう。

12