土木施工管理技士の年収はどのくらい? 取得方法と共に解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木工事とは、橋や道路・トンネル・鉄道など建物以外の建設工事全般のことです。公共工事として行われることが多く、2020年に開催される東京オリンピックに向けて、工事数は増加の一途をたどっています。それに伴い、技術者の需要も高まっているのです。土木工事自体は、無資格でも行うことができます。しかし、施工計画や工程管理・安全管理など、技術上の管理業務に就くためには、土木施工管理技士の資格が必要です。取得を目指し、勉強に励んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士の年収や仕事内容についてご紹介します。

  1. 土木施工管理技士の基礎知識
  2. 土木施工管理技士の年収などについて
  3. 土木施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 土木施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、土木施工管理技士の資格を取得するメリットもよく分かるでしょう。土木施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.土木施工管理技士の基礎知識

はじめに、土木施工管理技士とはどのような資格か、ということをご紹介します。有資格者になると、どのような仕事を行うことができるのでしょうか?

1-1.土木施工管理技士とは?

土木施工管理技士とは前述したように、土木工事の施工計画や安全管理・工程管理など技術上の管理を行うことができる資格です。土木工事は橋や道路・鉄道・トンネルなどの大がかりなものですから、たくさんの技術者が関わります。施工管理技士は主任技術者や監理技術者として、技術者たちを束ね、施工計画通りに工事を進めて行くのが主な仕事です。また、労働災害が発生しないよう、工事現場全体に気配りをしておく必要もあります。

1-2.土木施工管理技士の種類

土木施工管理技士には、1種と2種があります。1種は、すべての土木工事で主任技術者や監理技術者になることが可能です。2級は、土木・鋼構造物塗装・薬液注入に分かれており、取得した工事の施工計画や工程管理を行うことができます。2級を取得してから実務経験を積み、1級にチャレンジする方もいるのです。

1-3.土木施工管理技士の資格を取得するメリット

前述したように、土木工事は規模が大きな分、施工計画や工程管理が重要です。施工計画を正確に立て、それに沿って工程管理を行うことのできる経験豊富な技士は、あちこちで引っ張りだこになることも珍しくありません。土木施工管理技士の資格を取得してすぐに昇給や昇進が可能になるわけではありませんが、実務経験を積んで技術を磨くほど、収入は増えていきやすいでしょう。
特に、1級を取得して実務経験を積んだ人は、定年を迎えても現場監督として活躍し続ける方もたくさんいます。

12