公害対策基本法とはどんな法律? 公害防止管理者の役割と共に解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害対策基本法とは、公害防止の責務を明らかにし、公害防止対策を目的として定められた法律です。1993年に環境基本法が制定された後は統合され、基本法自体は廃止されました。しかし、今でも公害の定義や公害防止政策の基本は、この法律に定められたことに沿って行われています。そのため、公害防止管理者を取得するためには、法律を理解しておくに越したことはありません。
そこで、今回は公害対策基本法や公害防止対策について解説します。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら