設備工事を行える資格について知りたい! その種類や取得方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

設備工事とは、電気・ガス・水道・空調など建物を長時間快適に使うために必要な工事の総称です。物置など一部を除いて、建物には必ず設備工事が必要になります。設備工事は誰にでも行えるものではありません。ガス・電気・管工事などの工事を行うには資格が必要です。
今回は、設備工事の種類やそれに必要な資格について解説しましょう。

  1. 設備工事とは何か?
  2. 設備工事に必要な資格
  3. 資格を取得するメリット
  4. 設備工事の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、設備工事を行うのに必要な資格の種類から、取得方法までバッチリです。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.設備工事とは何か?

前述のとおり、設備工事とは建物や施設を快適に使うために必要な設備を設置するための工事です。電気工事・ガス工事・配管工事などが上げられます。設備工事を行わない建物は、ただの巨大な箱でしかありません。一般住宅から大規模なビルまで設備工事は必要です。

12