施工管理の仕事内容は?就くために必要な資格もあわせて紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

施工管理とは、建築業における工程管理・安全管理・品質管理・原価管理などの総称です。また、施工管理が行える国家資格を施工管理技士といいます。今回は、この施工管理とそれを行える資格についてご紹介しましょう。

  1. 施工管理とは?
  2. 施工管理技士になるには?
  3. 施工管理技士の試験対策とは?
  4. 施工管理技士に関するよくある質問

建築業は、さまざまな技術を持つ人々が協力してひとつの建物を作っていきます。施工管理がうまくいかないと工期がむだに伸びたり予算がオーバーしたりするでしょう。だからこそ、施工管理は重要であり、施工管理技士は建築現場に専任していなくてはなりません。この記事を読めば、施工管理の重要性や施工管理技士の資格の種類、取得方法などが分かるでしょう。施工管理の仕事に興味のある方や施工管理技士を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


1.施工管理とは?

始めに、施工管理の仕事内容や職場での役割、施工管理を行える資格などをご紹介します。あまり知名度の高くない仕事ですが、大きな建物を建築する現場ほど、その重要性は増していくでしょう。

1-1.施工管理とはどんなことをするの?

施工管理とは、建築現場において工程管理、安全管理、品質管理などを行う仕事です。大きな施設を建てるほど、工事の内容は多くなり、工程も複雑になるでしょう。また、かかわってくる技術者の数も多くなります。計画的に工事を進め、質の高い工事をするためには、施工管理は欠かせません。発注者への打ち合わせや現場で働く人々や技術者への指導、監督が主な仕事になります。もちろん、誰でもできるわけではなく「施工管理技士」という国家資格の取得が必要です。

1-2.施工管理技士の種類は?

施工管理技士には、複数の種類があります。土木施工管理技士、建築施工管理技士、管工事施工管理技士、電気工事施工管理技士、造園工管理技士などがよく知られているでしょう。名前を見ればおおよそ仕事内容の見当もつくと思います。

一口に工事、といっても土木・左官・電気工事・管工事などさまざまな種類があるのです。施工管理技士には、1級と2級があり、1級を取得すれば監理技術者として現場で働くことができます。その際、施工管理技士の種類によって、監理技術者に就ける工事内容が変わってくるのです。

1-3.統括安全衛生責任者・元方安全衛生管理者と施工管理について

技術の発達により、建築現場での危険性は年々低くなっています。それでも、労働安全衛生法により、常時50人以上の労働者を従事させる特定元方事業者(元請業者)は、統括安全衛生責任者・元方安全衛生管理者を選任しなければなりません。この職務に就ける者は、「事業場においてその事業の実施を統括管理する者」でなくてはならないのです。施工管理技士である必要はありませんが、無資格者が統括安全衛生責任者に就任できる条件は満たせません。ですから、ほとんどの工事現場で施工管理技士が統括安全衛生責任者の職務も行っているのです。

1-4.施工管理技士になるとできることは?

1級施工管理技士になると、新たに建築業者が営業所を立ち上げるときに、一般建設業および特定建設業の営業所で専任技術者の職に就くことができます。また、2級の施工管理技士でも一般建設業の専任技術者に就くことは可能です。ですから、建築業界で出世をしたり転職をしたりする場合に大変有利な資格といえるでしょう。さらに、施工管理技士の資格を取得すると、特定の資格の受験資格が得られたり大学院の入学資格が得られたりします。