【注目】工場の設備保全の資格ならお任せ! オススメの勉強法も解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

工場が正常に稼働できるのは、各設備の点検・メンテナンスがきちんと行われているからです。トラブルが発生してもすぐに対応することで、操業停止の損害を最小限にできます。また、常に最良の状態に保全することで、安定した製造に貢献しているのです。今回は、工場の設備保全の資格について詳しく解説します。工場に就職や転職を考えている人は、必見ですよ。

  1. 工場の設備保全とは
  2. 工場の設備保全の仕事について
  3. 工場の設備保全に関連する資格について
  4. 資格の取り方を理解しよう
  5. 工場の設備保全に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の設備保全にかかわる資格について深い知識が身に付きます。取得するべき資格の種類や取り方もわかるので、ぜひ読んでみてください。


工場が正常に稼働できるのは、各設備の点検・メンテナンスがきちんと行われているからです。トラブルが発生してもすぐに対応することで、操業停止の損害を最小限にできます。また、常に最良の状態に保全することで、安定した製造に貢献しているのです。今回は、工場の設備保全の資格について詳しく解説します。工場に就職や転職を考えている人は、必見ですよ。

  1. 工場の設備保全とは
  2. 工場の設備保全の仕事について
  3. 工場の設備保全に関連する資格について
  4. 資格の取り方を理解しよう
  5. 工場の設備保全に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の設備保全にかかわる資格について深い知識が身に付きます。取得するべき資格の種類や取り方もわかるので、ぜひ読んでみてください。


1.工場の設備保全とは

最初に、工場の設備保全についての基本を学びましょう。主な種類や重要性・最近の傾向を理解してください。

1-1.工場の設備保全とは?

工場の設備保全とは、工場にある設備が正常に運用できるように、点検・修理などをすることです。常に、正常な稼働を維持し、いざというときにはすぐに不具合を修理する必要があります。工場では、設備保全を万全にすることにより、安定した生産を確保しているのです。

1-2.工場の設備保全の種類

工場の設備保全には、大きく分けて事後保全・予防保全の2種類があります。

1-2-1.事後保全

調子が悪くなった設備について、点検・整備を行うことを「事後保全」といいます。不調を起こした原因を正しく突き止め、再発を防止することが大切です。なお、事後保全の対象となる故障には以下の2つの種類があります。

  • 機能停止型故障:設備が突然停止してしまう故障(事前予知が難しい)
  • 機能低下型故障:設備の機能が徐々に低下する故障(日々の点検で防ぐことができるものもある)

1-2-2.予防保全

「予防保全」とは、今後起こる確率が高い不調に対して、事前に対策を行うことです。計画的に設備点検・部品交換・メンテナンスなどを行うことで、設備の予期せぬ停止を防ぎます。なお、部品交換の基準として主に以下の2つの方法を覚えておきましょう。

  • 時間基準保全:前回部品交換をしたときから一定期間を経過したものを交換する
  • 状態基準保全:部品の現状をチェックし、交換すべきものだけを取り替える

1-3.工場の設備保全の重要性について

工場は、多くの設備が連携して生産活動を行っています。たったひとつの設備に不調が出ただけでも、最悪の場合、すべてのラインが止まってしまうこともあるのです。工場の生産ラインを正常に運用するためにも、日ごろの設備保全の重要性は高いといえます。生産ラインが長時間止まれば、企業の損失も大きくなってしまうことでしょう。優良企業であるほど、設備保全の重要さを理解しており、日々力を入れているものです。

1-4.工場の設備保全に関する最近の傾向

工場の設備保全は、作業員の目視による点検・記録作業だけでなく、オンライン化・データ化することによって情報の活用化が進んでいます。次に部品交換をするべき時期が簡単にわかり、どの部分の部品が劣化しやすいかなども的確に把握できるようになりました。しかし、最終的には経験がものをいう部分もあります。コンピューターを操作するのも人の手ですから、工場の設備保全に関する人材の需要はなくなることはないでしょう。