【注目】工場の設備保全の資格ならお任せ! オススメの勉強法も解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

工場が正常に稼働できるのは、各設備の点検・メンテナンスがきちんと行われているからです。トラブルが発生してもすぐに対応することで、操業停止の損害を最小限にできます。また、常に最良の状態に保全することで、安定した製造に貢献しているのです。今回は、工場の設備保全の資格について詳しく解説します。工場に就職や転職を考えている人は、必見ですよ。

  1. 工場の設備保全とは
  2. 工場の設備保全の仕事について
  3. 工場の設備保全に関連する資格について
  4. 資格の取り方を理解しよう
  5. 工場の設備保全に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の設備保全にかかわる資格について深い知識が身に付きます。取得するべき資格の種類や取り方もわかるので、ぜひ読んでみてください。


工場が正常に稼働できるのは、各設備の点検・メンテナンスがきちんと行われているからです。トラブルが発生してもすぐに対応することで、操業停止の損害を最小限にできます。また、常に最良の状態に保全することで、安定した製造に貢献しているのです。今回は、工場の設備保全の資格について詳しく解説します。工場に就職や転職を考えている人は、必見ですよ。

  1. 工場の設備保全とは
  2. 工場の設備保全の仕事について
  3. 工場の設備保全に関連する資格について
  4. 資格の取り方を理解しよう
  5. 工場の設備保全に関するよくある質問

この記事を読むことで、工場の設備保全にかかわる資格について深い知識が身に付きます。取得するべき資格の種類や取り方もわかるので、ぜひ読んでみてください。


1.工場の設備保全とは

最初に、工場の設備保全についての基本を学びましょう。主な種類や重要性・最近の傾向を理解してください。

1-1.工場の設備保全とは?

工場の設備保全とは、工場にある設備が正常に運用できるように、点検・修理などをすることです。常に、正常な稼働を維持し、いざというときにはすぐに不具合を修理する必要があります。工場では、設備保全を万全にすることにより、安定した生産を確保しているのです。

1-2.工場の設備保全の種類

工場の設備保全には、大きく分けて事後保全・予防保全の2種類があります。

1-2-1.事後保全

調子が悪くなった設備について、点検・整備を行うことを「事後保全」といいます。不調を起こした原因を正しく突き止め、再発を防止することが大切です。なお、事後保全の対象となる故障には以下の2つの種類があります。

  • 機能停止型故障:設備が突然停止してしまう故障(事前予知が難しい)
  • 機能低下型故障:設備の機能が徐々に低下する故障(日々の点検で防ぐことができるものもある)

1-2-2.予防保全

「予防保全」とは、今後起こる確率が高い不調に対して、事前に対策を行うことです。計画的に設備点検・部品交換・メンテナンスなどを行うことで、設備の予期せぬ停止を防ぎます。なお、部品交換の基準として主に以下の2つの方法を覚えておきましょう。

  • 時間基準保全:前回部品交換をしたときから一定期間を経過したものを交換する
  • 状態基準保全:部品の現状をチェックし、交換すべきものだけを取り替える

1-3.工場の設備保全の重要性について

工場は、多くの設備が連携して生産活動を行っています。たったひとつの設備に不調が出ただけでも、最悪の場合、すべてのラインが止まってしまうこともあるのです。工場の生産ラインを正常に運用するためにも、日ごろの設備保全の重要性は高いといえます。生産ラインが長時間止まれば、企業の損失も大きくなってしまうことでしょう。優良企業であるほど、設備保全の重要さを理解しており、日々力を入れているものです。

1-4.工場の設備保全に関する最近の傾向

工場の設備保全は、作業員の目視による点検・記録作業だけでなく、オンライン化・データ化することによって情報の活用化が進んでいます。次に部品交換をするべき時期が簡単にわかり、どの部分の部品が劣化しやすいかなども的確に把握できるようになりました。しかし、最終的には経験がものをいう部分もあります。コンピューターを操作するのも人の手ですから、工場の設備保全に関する人材の需要はなくなることはないでしょう。

2.工場の設備保全の仕事について

工場の設備保全の仕事内容や就職・転職のメリットなど、詳しく解説します。

2-1.工場の設備保全の仕事内容について

工場の設備保全の仕事は、主に以下のようなものがあります。

  • 設備の点検・保全・修理
  • 設備の故障・部品交換の記録
  • 設備を安全・確実に運用するための指導や教育

2-2.就職や転職にメリットは?

どんな業種でも、工場であれば設備保全の仕事はあります。従って、業種を選ばなければ就職や転職で選択範囲が広がるのです。また、安定した仕事なのでキャリアを積みやすく、働きやすいこともメリットといえます。工場は、労務管理が行き届いていることが多いので、休日や待遇も期待できるでしょう。

2-3.工場の設備保全のやりがいや向いている人について

工場の設備保全のやりがいは、自分たちの仕事によって生産ラインが正常に動くことです。また、予期せぬトラブルが起きたときに素早く対応をし、ロスを最小限に食い止めることができたときなどにも大きな達成感を味わうことができます。工場の設備保全は、華やかな仕事内容ではないものの工場の生産にとって重要な意味を持つため、コツコツと真面目に取り組む人が向いているといえるでしょう。

3.工場の設備保全に関連する資格について

工場の設備保全に関連する資格にもさまざまなものがあります。主なものについて、資格の種類や内容を詳しく解説しましょう。

3-1.工場の設備保全の資格とは?

工場の設備保全の資格には、主に3つの区分があります。

3-1-1.電気関連

工場では、製造設備などの稼働で電気を大量に使用します。そのため、高圧受電を行っており、安全な運用が必要となっているのです。電気関連のトラブルが起きると、製造ラインが停止し、大きな損害につながりやすいため、設備保全の重要性が高いといえます。

3-1-2.機械関連

製造機械の保全を着実に行うことで、製造ミスを防ぎ、正常な運用を可能にします。機械関連の保全をきちんとしておけば、故障を最小限に抑えることが可能です。製造機械も企業の大切な資産ですから、常に最良の状態に維持するためにも、機械関連の保全を欠かすことはできません。

3-1-3.設備関連

工場は、コンピューターによって稼働率の維持や製造管理を行っています。また、排水・排ガスなどの設備も、正常に稼働していることが大切です。設備関連の保全を怠ると、思わぬ損害を受けることもあるため、気を抜けない分野といえます。製造ラインに直接かかわりがない設備に関しても、保全が必要です。

3-2.工場の設備保全の資格取得に関するメリット

工場の設備保全の資格取得には、主に以下のようなメリットがあります。

  • 工場での仕事の幅が広がり、キャリアアップになる
  • 昇給のきっかけになる
  • 就職や転職に有利になる

3-3.工場の設備保全の資格にはどんなものがある?

工場の設備保全の資格について、どんなものがあるか具体的に解説します。

3-3-1.電気分野の資格

電気分野の資格で主なものは、以下を参考にしてください

  • 第一種・二種電気工事士
  • 電験3種
  • 機械保全技能士

3-3-2.機械分野の資格

機械分野の資格としては、以下のようなものがあります。

  • 危険物乙4
  • アーク溶接
  • ​機械保全技能士

3-3-3.設備分野の資格

設備分野の資格としては、以下をご覧ください。

  • 冷凍機械責任者
  • ボイラー取扱作業主任者
  • 管工事施工管理技士
  • 機械保全技能士

4.資格の取り方を理解しよう

工場の設備保全の資格について、取り方・おすすめの勉強法・注意点を解説します。

4-1.資格の取り方について

工場の設備保全に関する資格の取り方については、以下を参考にしてください。

4-1-1.電気工事士

電気工事士は、第一種・第二種の2種類があります。自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事を取り扱う資格です。電気工事士法により、電気設備の工事は電気工事士の資格保持者が行うことになっています。資格の取得については、こちらを参考にしてくだい。

4-1-2.電気主任技術者

電気主任技術者は、事業用電気工作物の工事・維持・運用に関する保安が主な職務です。電気事業法により、事業用電気工作物の設置者は電気主任技術者を置く必要があります。電気主任技術者は、第一種・第二種・第三種の3種類があり、取り扱うことができる電気工作物の範囲が違うので注意しましょう。資格の取り方は、こちらをご覧ください。

4-1-3.危険物乙4

危険物乙4は、ガソリンなどの引火性液体を取り扱うことのできる資格です。危険物取扱者資格の中でも、乙4は工場において有機溶剤の取り扱いが可能なことから、需要が特に高いといえます。資格の取得方法に関しては、こちらを参考にしてください。

4-1-4.冷凍機械責任者

冷凍機械責任者は、冷凍にかかわる高圧ガスを製造する施設で保安業務を行うための資格です。高圧ガス保安法に準拠しており、第一種から第三種の3種類があります。高圧ガスは一歩間違えると大事故につながる危険性があるため、正しい知識を身に付けた資格取得者は需要が高いのです。資格の取得方法は、こちらを参考にしてください。

4-1-5.ボイラー取扱作業主任者

ボイラー取扱作業主任者も、工場の設備保全に必要な資格です。選任を受けるには、特級・一級・二級の各ボイラー技士免許を所持している、もしくは、ボイラー取扱技能講習を修了していることが条件となります。資格取得の詳細は、こちらをご覧ください。

4-1-6.管工事施工管理技士

管工事施工管理技士には、建設業法に準拠している資格で1級と2級の2種類があります。建設業のうち、空調設備やダクト・ガス配管などの管工事において、施工計画の作成・工程管理・安全管理・品質管理を行うための資格です。資格取得の詳しい内容は、こちらをご覧ください。

4-2.おすすめの勉強法について

仕事などで忙しく、まとまった勉強時間の確保が難しい人は、毎日のすき間時間を見つけて10分でもいいので学習してください。暗記ものは、細切れに覚えていったほうがうまくいくものです。また、資格取得のためには過去問を活用しましょう。何度も繰り返し解くことで、実際の試験形式に慣れると同時に、傾向をつかんで対策しやすくなります。できるだけ早く計画を立て、試験当日にベストの状態になるようにしましょう。

4-3.資格の取り方に関する注意点

資格の取り方に関しては、自分に合った勉強法を見つけることが大切です。まずは、ほかの人たちがどんな勉強法で資格を手にしたのか参考にしましょう。教材も、いろいろと見比べて自分が理解しやすいと感じたものを選ぶとはかどります。試験準備をおろそかにすればどんなにいい教材を手にしていても、不合格なる可能性が高いものです。いい勉強法や教材が見つかっただけで安心せず、実行に移してください。

5.工場の設備保全に関するよくある質問

最後に、工場の設備保全に関するよくある質問に回答します。資格を確実に手にするためにも、それぞれ確認しておいてください。

5-1.工場の設備保全は無資格者では行えないのですか?

工場の設備保全は、ほぼ何らかの資格を必要とします。理由は、高い専門性を求められる仕事であるからです。実務経験が豊富であっても、正しい知識を持っている裏付けにはなりません。しかし、国家試験や講習により高い専門性を持っていることを認定された人なら、安心して設備保全を任せることができます。また、無資格者では法律によって制限があることも多いため、結局のところ資格が必要になるのです。

5-2.どの資格を取得すれば最も就職に有利ですか?

業種を選ばないタイプの資格は、就職先の幅を広げるという意味で有利になるといえます。たとえば、ボイラー取扱作業主任者・危険物乙4は、工場の設備保全以外でも高い需要があるものです。オールマイティーに役立つ資格を考えているのなら、取得をおすすめします。

5-3.工場の設備保全で転職を有利に進めるためのコツは?

資格取得と実務経験がものをいう世界です。まずは、目の前の職務を実直に行ってください。資格に関しても、現在所持っているものの上位級を受験する・ほかの種類の資格取得を目指すなどの努力をしましょう。転職を有利に進めるためには、保全業務に対する真剣な態度と資格による経験値や知識の裏付けが必要です。日ごろからの努力が、転職に影響するので気を抜かないでください。

5-4.工場の設備保全の年収はどのくらいですか?

工場の設備保全の仕事は、年収400~600万円程度が目安です。年収の高低は、所持資格の内容や数・実務経験に影響を受けます。また、企業規模が大きくなるほど高収入の傾向があるため、転職で大企業を狙えば収入アップの可能性も高くなるのです。なお、設備保全だけでなく、そのほかのマネージメントが職務に入ることで、より高い年収を得ることもできます。

5-5.工場の設備保全は女性でも勤まる仕事でしょうか?

女性であっても、問題ありません。必要な知識を身に付け、経験を積むことで男性と同様に活躍することができます。工場の設備保全の仕事では、力仕事は多くありません。女性ならではの、細やかな気遣いが生きることも多いでしょう。女性であることを理由にチャレンジを止めてしまうのはもったいないことです。

まとめ

今回は、工場の設備保全について詳しく解説しました。地味な立場であっても、実は工場にとってなくてはならない仕事です。業種が違っても、設備保全の仕事はなくなりません。就職・転職・再就職に関しても、設備保全に関する資格取得者は有利に進めることができます。まずは、自分が興味のある分野の資格取得を目指してみましょう。資格取得は、工場保全を安心して任せることができるひとつの目安となります。昇級や昇進など、将来性も高いのでぜひチャレンジしましょう。